リベルランド自由共和国、国家仮想通貨Meritを発行

    2018/10/29 16:05 祁銀虹 huang Created with Sketch.
    544

2015年4月13日にチェコ人Vit Jedlicka氏によって設立された民間国家であるリベルランド自由共和国は、セルビアとクロアチアの国境にある「Gornja Siga」と呼ばれるドナウ川の西岸に領土主権を持っていると主張している。同国は将来、正式な国際的に承認された後、世界で3番目に小さい国家となり、直接民主的大統領制度を採用すると称している。

QlJo0A4XGHIaB0uOpE8WN1iY0wTG7zwkGNaC1Mb3.png

現在、同国の大統領Vit Jedlicka氏は、「Merit」と呼ばれる国家仮想通貨を発行する予定で、今後10〜15年で仮想通貨を既存の銀行システム全体を「引き継ぐ」ことを望んでいると発表した。チェコ共和国の小規模政党の地域リーダーであったVit Jedlicka氏は、仮想通貨とブロックチェーン技術が、現在の効率の悪い伝統的な銀行業界を置き換えたり、簡素化したりすることができると常に信じていた。それだけでなく、Vit Jedlicka氏は仮想通貨のピアツーピア取引機能を高く評価し、この特徴が場合によっては従来の銀行振込の必要性を完全に排除すると考えている。

ロシアのメディアSputnik Newsとのインタービューで、Vit Jedlicka氏は次のように示している。

「私は非常に興奮しており、ビットコインのような国家仮想通貨の世界を構築したいと考えています。将来、リベルランド自由共和国は競争力のある国家になることを望んでいます。」

この段階で、ビットコインはリベルランド自由共和国の元の準備通貨であるが、Vit Jedlicka氏は国家仮想通貨Meritの発展を促進し、最終的に他の仮想通貨よりも市場シェアを拡大していくことを望んでいる。

しかし、Vit Jedlicka氏の国家仮想通貨計画には、リベルランド自由共和国の公民の投票権が所有しているMertiトークンの数や、国家に貢献したお金によって決められるなど、いくつかの問題がある。なお、Vit Jedlicka氏は、リベルランド自由共和国の市民が自主的に税金を納めれば、上記の制度は多くの国内福祉給付を提供することができ、リベルランド自由共和国に貢献する者も対応の権力を持つことも保証できると述べている。

しかし、誰がより多くの資本を持っているかによって、誰がより多くの国の権利を得ることができるかを判断すれば、自由民主主義の概念を侵害するものではないか?

これまで、リベルランド自由共和国の国家合法性も疑問視されている。205,000人が国民として登録しているが、今までいかなる国家も同国を承認していないからである。もちろん、Vit Jedlicka氏は、リベルランド自由共和国が「新しいタイプの国のためのモデル」になると確信している。同国は現在、強制的な税金を課す計画はなく、地方分権型の政府機関を運営している。

 

情報元:bitcoinnews

    根源: 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約