BTCヘッジファンドGBIとそのCEOはPonziスキームに扱うため、250万ドルの罰金を科された

    2018/10/19 18:46 祁銀虹 huang Created with Sketch.
    478

10月18日に公表された公式声明によると、ニューヨークの連邦裁判所は、仮想通貨ヘッジファンドGelfman Blueprint、Inc.(GBI)およびその最高経営責任者Nicholas Gelfman氏に対し、詐欺的なPonziスキームの罰金として250万ドル以上を支払うよう命じた。

fO8S9Fpo7ujHXYVHEAi07HVkRRd1ouSF0zubHPJG.jpeg

ニューヨークに本拠を置くGBIは、2014年に設立され、BTC建てのヘッジファンドを立ち上げた。同社のウェブサイトに記載されているように、同社は2015年までに85人の顧客を持ち、2,367のBTCを管理している。

この命令は、2017年9月に米国商品先物取引委員会(CFTC)によってGBIに対して提起された詐欺取締法執行訴訟の継続である。CFTCはGBIに対し、2014年から2016年の間にPonziスキームを実施したことを非難した。同社は、商品ファンドを通じて大幅なリターンを達成できるJigsawと呼ばれるコンピュータアルゴリズムを開発したと投資者に伝えたが、実際、計画全体は詐欺である。

この声明によると、GBIとGelfmanは少なくとも80人の顧客に60万ドルを詐欺した。なお、Gelfmanは計画された取引損失をカバーするための偽のコンピュータ「ハッカー」も偽造した。その結果、ほぼすべての顧客資金の損失に繋がった。

現在の命令では、GBIとGelfmanは民事罰金と賠償で250万ドル以上を支払う命じた。GBIとGelfmanは、それぞれ554,734.48ドルと492,064.53ドルの賠償金、及び1,854,000ドルと177,501ドルの民事罰金を支払うよう命令された。

CFTCエグゼクティブディレクター、James McDonald氏は、

「この事件は、仮想通貨施行の分野における委員会のもう一つの勝利を意味する。この一連の事件が示したように、CFTCは、これらの仮想通貨市場における悪いプレーヤーを探し、それらに責任を持たせるように決定される。」

と述べた。

先月、CFTCは、テキサス州北部地区連邦地方裁判所において、BTC詐欺の疑いのある2人の被告に対して訴訟を提起した。訴状によると、容疑者Morgan HuntとKim Hecroftは不正な2つの会社を経営しており、外国為替、バイナリ・オプション、ダイヤモンドなどのレバレッジドや保証金付きの外国為替契約に投資することを国民に誤解させるいる。

    根源: 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約