世界決済報告書22018:DLTは金融市場の需要を満たすことができない

    2018/10/18 17:32 祁銀虹 huang Created with Sketch.
    302

10月16日に発表された「世界決済報告書2018」によれば、現在、分散型台帳技術(DLT)は金融市場のニーズを満たすことができないことがわかった。この年次報告書は、コンサルティングおよび技術サービス会社Capgeminiと欧州の主要銀行であるBNP Paribasによって作成された。

rNGCE1vjIMccc790TXPmW9Z8WDo4BqSurejxTvee.jpeg

このレポートを作成するために、研究者は、業界ガバナンス、市場傾向、人口統計、インフラストラクチャなど、さまざまな基準を評価した。これらの会社はまた、経営幹部にインタビューし、業界関係者にオンライン調査を行った。

報告書では、著者はDLTの採用の課題について議論していた。参加者全員のうち85.9%が相互運用性に欠けていると回答し、83.1%が監督の明確性に欠けていると回答し、77.8%がスケーラビリティの欠如が制限要因であると答え、回答者の60%がセキュリティ、実装コスト、トランザクション処理効率などの問題を強調した。

また、DLTのイノベーションやプロジェクトは、しばしば研究所や概念実証の段階に限られていると指摘した。DLTと銀行システム間の相互運用性の欠如は、スケーラブルなソリューションの実装を妨げると言われている。さらに、「複数のDLTシステムは、ソリューション間の接続が限定された分散された市場を作り出し、非効率的で導入が制限されている」と述べている。

この報告書によると、DLTの法的リスクは、ほとんどの国で不確実な規制環境と法的枠組みの欠如に現れている。同報告書は、De Nederlandsche Bank(DNB)とDLTの3年間の試験を引用し、「現在の状況では、DLTは金融市場インフラに対する非常に高い需要に対応できない」と述べている。

しかし、DNBはさらに、DLTは、銀行間決済や通貨取引を含むいくつかの市場インフラを置き換える可能性があると述べている。DNBによれば、これらの分野はDLTの潜在的な利点を利用して、コストよりも利益を上げることができると言われている。

ブロックチェーンが特定の市場ニーズを満たすのに十分にスケーラブルであるかどうかは、多くの業界参加者にとって懸念事項であった。米国預託証券信託公社(DTCC)の最近の19週間の調査によると、ブロックチェーンは米国の株式市場の日々の取引量を支えることができるという。DTCCは、本研究では基本機能のみをテストし、次の作業はDLTが弾力性、安全性、運用上の要件を満たすことができるかどうかを判断しなければならないと指摘した。

    根源: 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約