アクセンチュア、SCB支社と提携、仕入れ支払いプロセスの簡素化ためのBCソリューションを開始

    2018/10/18 15:48 祁銀虹 huang Created with Sketch.
    444

アクセンチュアとタイのサイアム商業銀行のフィンテック支社であるDigital Ventures Co. Ltdは協力して、企業の商品購入、支払い、資金調達の方法を簡素化するブロックチェーン・ソリューションを開発した。

92Pb1jCqSn0rwKJzKFsmKDOZAkaH9zdDn2TmUhpC.jpeg

このソリューションは、企業ブロックチェーンソフトウェア企業R3によるCordaオープンソースプラットフォームでの購入と支払いのための世界初の完全統合ソリューションであり、分散型台帳技術と技術アーキテクチャーにおけるアクセンチュアの能力を活用して、効率性に大きく貢献している。

このデジタルソリューションは、ASEAN地域の大手SCGによって、設計アイデア、アジャイル手法、DevOps原則、マイクロサービスとクラウド技術によって創出された。B2Pとも呼ばれるDigital Venturesのブロックチェーンソリューションは、調達から支払いまで、生産に投入され、選択されたSCGサプライヤとの取引を処理するために使用されている。

アクセンチュアのASEAN金融サービス部門責任者であるDivyesh Vithlani氏は、「ブロックチェーンソリューションの最もエキサイティングな部分は、生産性の向上、コストの削減、利便性の向上などのメリットである。この成功の成果は、市場における迅速な価値を提供しながら、お客様とのコラボレーションを強力に実証している」と述べた。

SCGの作業の結果は、新しいプラットフォームが調達サプライチェーンプロセスのすべての側面の効率と透明性を向上させることを示している。このソリューションは、人為的ミスの可能性を最小限に抑え、帳簿対照や調整を行わずに組織間で注文書と請求書をシームレスに統合する。

このプラットフォームは、請求書作成の時間を大幅に短縮し、不正行為を防止し、それによって資金調達コストを削減し、クレジット期間を延長することができる。また、紙の仕切状の必要性が減り、1年ごとに何百万件もの請求書が削除され、SCGのネットワークプロバイダはタイの請求プロジェクトe-taxと統合し、他の付加価値活動を実行する時間を与える。

Digital VenturesのOrapong Thien-Ngern CEOは、「これは、多くの価値を提供する画期的な技術である。ほとんどのサプライチェーンには多くのサプライヤーが関わっているため、各社のすべての異なるシステムの統合と調整は、費用がかかり、困難で時間がかかる作業となる。ブロックチェーンにより、すべての関係者は、さまざまな技術システム間の広範な統合なくしてすべての情報を安全に共有することができる。」と語った。

アクセンチュアとDigital Venturesは、わずか5ヶ月でプラットフォームの設計と実装を完了した。R3と協力して、発注、入庫、請求書、支払いの統合など、さまざまな技術課題を解決した。このプロジェクトは、ASEAN地域におけるブロックチェーンイノベーターおよびパートナーとしてのアクセンチュアのリーダー地位を強化した。

Vithlani氏は、「この革新的なブロックチェーンソリューションの規模を拡大し、購入以外の機能(受注から国際通貨への移行、貿易金融など)に使用することを望んでいる」と述べた。


情報元:finextra.com

    根源: 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約