コロラド州とノースダコタ州は不正なICOを取締

    2018/10/18 12:57 祁銀虹 huang Created with Sketch.
    252

コロラド州とノースダコタ州では、違法なICOプロジェクトを打撃するために、業務販売停止命令を出した。コロラド州とノースダコタ州証券委員会によれば、同機関がICOに関するプロジェクトが係っているデジタルトークンが詐欺的な証券であると考えている。トークンプロジェクトの1つは、投資家に毎月10%の収益を提供することを約束し、また金の価格にリンクすると主張している。

oSBZs8YvhYxR5i0zDfQTrmKQBVDunyc91fdfUMsg.jpeg

コロラド州2つの不正なICOプロジェクトを取締

コロラド州証券委員会の委員であるGerald Rome氏は、10月12日に業務販売停止命令を出し、両社は同州でICOを通じて発行された未登録トークンの提供や販売を直ちに停止することをを要求した。

これらの両社はDavorとCyber Capital Investである。両社はDavorcoinとCCIトークンをICOを通じて投資家に提供する疑いがあり、規制当局からの業務停止命令の受領を確認した。2つのICOプロジェクトを調査することにより、コロラド州証券委員会は詐欺的な証券の発行に問題があることを発見した。両社が開始したICOプロジェクトはコロラド州に登録されておらず、登録特権も免除されなかった。この場合、彼らは依然としてコロラド州の住民にトークンを提供し、リスクを適切かつ公平に開示しない。

コロラド証券委員会は、Davorのウェブサイトでは、BitcoinやEthereumのような主流の仮想通貨の代わりになるように設計された新しい仮想通貨として、Davorcoinトークンについて説明していると説明した。コロラド証券委員会は次のように示している。

「Davorcoinは、「利益プール」に参加している限り、最大10%の収益を得ることができると投資家に約束している。また、Davorcoinトークン価格は金価格にリンクしており、仮想通貨取引所で取引することができることを投資者に伝えた。」

また、もう一つのICOプロジェクトのウェブサイトであるCyber Capital Investでは、CCIトークンは、投資家が選択した「アクセスレベル」に基づいて0.75%から2%の範囲で日々のリターンを達成できる「利益分配型」トークンであると主張している。直接販売に加えて、同社は新規顧客を引きつける人にCCIトークンで決済された手数料を受け取れるようにする奨励金プログラムも立ち上げた。

ノースダコタ州は3つの不正なICOプロジェクトを取締

ノースダコタ証券取引委員会の委員であるKaren Tyler氏は、10月11日に3件の業務販売停止命令に署名し、3社に対し、同州でICOを通じて発行された未登録トークンの提供や販売を直ちに停止することをを要求した。ノースダコタ証券取引委員会によると、3社は販売しているデジタルトークンは詐欺的で、登録していないことがわかった。

以前は、米国とカナダの40を超える証券監督当局が共同で調査と法律執行業務を開始し、この措置を「Operation Cryptosweep」と命名した。アクション調査の結果によると、ノースダコタ証券取引委員会は、3件の業務販売停止命令を出したという。今年の8月には、 "Operation Cryptosweep"法施行プロジェクトは、200以上の仮想通貨関連の事件を調査しており、46件の罰則を実施したと述べた。

ノースダコタ州証券取引委員会は、今回発表された3件の業務販売停止命令はCrystal Token、Advertiza Holdings (Pty) LtdとLife Cross Coinにかかっており、これらのプロジェクトもノースダコタ州で登録されていないため、地元住民に証券業務を提供することはで着ないと示している。

Karen Tyler氏は、Crystal Tokenウェブサイトは、「消費者に他の暗号化された通貨を取引するために使用できる「改良され進化した多用途かつ実用的なトークン」を提供すると主張しており、投資家は一日あたり最大2%の利息を獲得することができる。ただし、利息収入は他のデジタルトークンを使用して支払われると説明した。ノースダコタ州証券取引委員会は次のように付け加えている。

「Crystal Tokenのウェブサイトには、詐欺的な言葉が多数含まれており、提供される投資収益率は未確認。さらに、同社の経営陣のアイデンティティと資格は完全には明らかにされておらず、意図的に隠蔽されている。」

もう一つのICOプロジェクトであるAdvertiza Holdingsのウェブサイトでは、トークン所有者はトークンの値上がりから利益を得ることができると主張している。しかし、ノースダコタ証券取引委員会によると、同社が発行したトークンは実用的なものではなく、「保証」であるそうだ。さらに、Advertiza Holdingsは、米国証券取引委員会に「Rule 506c of Regulation D」法律でビジネスを行うことを許可する文書を提出したことを消費者に欺いた。

Life Cross Coinのウェブサイトでは、トークンを慈善団体の寄付や支援に使用できると主張しており、トークンを購入すると投資に大きな利益をもたらすと主張している。 さらに、サイトには、経営陣や幹部チームメンバーが仮名を使用するなど、疑わしい内容コンテがたくさん含まれている。ノースダコタ証券取引委員会は、次のように指摘している。

「Life Cross Coin、Lifecrosscoinとも呼ばれる。彼らのウェブサイトはベルリンにIPアドレスを持ち、複数のランサムウェア、トロイ木馬、およびID詐欺ハッキングケースに関連している。」

情報元:Bitcoin

    根源: 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約