モルディブ中央銀行、人々が仮想通貨を取引しないように警告

    2018/10/17 17:40 祁銀虹 huang Created with Sketch.
    827

モルディブ中央銀行は、ソーシャルメディアプラットフォームでの仮想通貨取引に関する広告に警戒するよう市民に警告した。

BPlpWUdf2IGAQQFYOFtjzEeactnSwHuVS3rlMfVc.jpeg

モルディブ中央銀行

プレスリリースでは、モルディブ金融管理局(MMA)は、仮想通貨で取引しないように公衆に警告し、MMAは外貨両替サービス、国際送金会社および国内送金会社の認可を担当する唯一の機関であると述べた。

アジアで最も規模が小さく人口が多いモルジブの中央銀行のデータによると、いかなる仮想通貨で金融取引を行う組織は承認されていないことを示している。

モルディブ金融管理局(MMA)はある声明で、「……モルジブでの金融取引には、暗号通貨やその他の仮想通貨を使用することは承認されていない。なお、他の当事者が法定通貨を発行することは違法だ。」と書いている。

中央銀行による仮想通貨の規制

モルディブ金融管理局には最近、仮想通貨反対の立場を採用した中央銀行の多くの仲間がある。ちょうど今週、ザンビア中央銀行であるザンビア銀行(BoZ)は、南アフリカ諸国では仮想通貨が法定通貨ではなく、デジタル資産取引に扱う投資者が自分でリスクを負うと警告した。

BoZの声明によると、「まず、仮想通貨は、ザンビア共和国で法定通貨ではない。そして、BoZは、仮想通貨分野を監督、規制、管理することはない。したがって、仮想通貨の購入、取引または使用に関連するすべての活動は、所有者自分でリスクに負う。」ことがわかった。

先月、中国人民銀行は、投資家に対し、仮想通貨とICOに関する投機行為を避けるように促す声明を発表した。すべてのICOが禁止されているが、中国の投資者は海外の取引所に押し寄せるため、中国での仮想通貨取引も続いている。

    根源: 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約