米ホワイトハウスは、ビットコイン採掘業界における中国の地位を奪おうとしている

    2018/10/17 17:14 祁銀虹 huang Created with Sketch.
    234

10月17日に報道された外国メディアNewsbtcによると、米国政府はリップル会社のリップルを使ってデジタル通貨市場における中国の支配的地位に対抗したいと考えている。

A6WXgujVNHMqj0UH5yn6OVJ6zXKfdYG92KhSmCDO.jpeg

Rippleの最高マーケティング責任者であるCory Johnson氏はBreaker Magazineに、米ホワイトハウスは中国がビットコインマイニング業界の支配の結果を研究していると語った。 現時点では、ビットコインの分野における中国の支配的地位は80%を超えているからだ。

米国で若いものと投資家の間でデジタル通貨が普及しているため、トランプ政権はその可能性を模索し始めなければならない。ビットコイン分野における中国の支配力を取り戻すことが困難であることがわかった後、米国政府はビットコインに対抗するためにもう一つのデジタル通貨を使用することを決めた。Cory Johnson氏は次のように述べている。

「政府関係者とのコミュニケーションの際にはあまり期待していなかったが、政府のこのオープンな姿勢にびっくりしました。これは非常に難しい問題ですが、政府はビットコイン分野における中国の優位性の潜在的意味を熟考し始めている。現在、ビットコイン採掘の80%が中国で行われています。」

北京に本拠を置く会社であるビットメインは、世界のビットコインの半分以上を生産している。BTC.com、AntPool、Hashnestなどの子会社を通じて最大のハッシュ・パワーを生み出している。一方、RippleはXRP供給の60%を管理しているため、分散型に取り組んでいる多くの人々はこの会社がいつでもRippleの価格を操作できると考えている。今年、デジタル通貨が下落したとき、リップルは返って上昇していた。先月、リップルは0.28ドルから0.6ドルに上昇した。

Johnson氏は、

「リップルは採掘する必要はなく、リップルは外国のコントロールと環境の面でユニークである。政府はこれも我々との対話においてこれを認識している。」

と述べた。

ビットコイン鉱業における中国の支配的地位

ホワイトハウスとリップルが中国の支配的地位を議論するとき、世界2番目の経済大国は、マイニング会社を管轄外に追い込むことを検討している。ビットコインは中国で正当な地位を確立したことは一度もなく、マイニング業界も生存と政府の管理の矛盾に直面している。理論的には、中国はビットコインを使用して米国と貿易戦争を行うことを最も軽視している。マイニングに従事する民間企業は、米国の暗号化技術に脅威を与えず、より経済的な事業展開の場を見つけるために海外へ行く意欲が高まっている。

    根源: 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約