米国フロリダ州法案は法律上でブロックチェーンレコードおよびスマート契約を認め

    2018/01/12 14:55 祁銀虹 huang Created with Sketch.
    628
前書き 最近、アメリカフロリダ州の議員はある法案を提出した。もし法律になると、この法案はフロリダ州が最新のブロックチェーンデータ及びスマート契約を認める州になる。

最近、アメリカフロリダ州の議員はある法案を提出した。もし通過すれば、ブロックチェーンデータ及びスマート契約に法律土台を作ることになる。衆議院法案1357は、多くの規定を含んでおり、既存の法律や規制を違反しない場合、ブロックチェーンデータ及びスマート契約は法的に拘束力のあるデータ保管方法とみなされるべきだ。

この法案で、「ブロックチェーン技術で得た記録や契約はデジタル形式で、デジタルレコードである。」と書き、ブロックチェーンを通じて記録された署名も有効なデジタル署名であることを確認していることは注目に値する。

したがって、この法律は、国内外のビジネスリスクを防ぐためにブロックチェーンを使用する場合、その所有権が保護されることができると説明した。 つまり、ブロックチェーン台帳で情報を保存すると、法律上でその情報に対する権利が認められる。

米国フロリダ州法案は法律上でブロックチェーン・サインおよびスマート契約を認め

同様に、この法案は「契約は、契約が形成中にデジタルレコードを使用し、或いは契約にはスマート条約が含まれている理由で、妥当性が拒否されることはない」と述べている。

もし法律になると、この法案はフロリダ州が最新のブロックチェーンデータ及びスマート契約を認める州になる。昨年、アリゾナ州はそのような措置を取り、ブロックチェーンレコードをデジタル記録として認めると同時に、スマート契約の法的妥当性も認識している。

2016年に通過されたバーモント州の法律とやや異なり、ブロックチェーンに基づくデータを証拠として裁判所で使用することができる。

    根源: Cointime 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約