ウクライナは、国家の経済と安全を保護するために、暗号通貨を監督管理する政府作業チームを設立

    134

地元時間木曜日のニューるにより、ウクライナ政府は、木曜日に、暗号通貨を監督管理する政府の政府作業チームを設立している。当地时间本周四消息,乌克兰政府高级官员正在组建一个全新的加密数字货币监管特别工作组。

ウクライナは、国家の経済と安全を保護するために、暗号通貨を監督管理する政府作業チームを設立

ウクライナ国家安全及ぶ防衛委員会Oleksandr Turchynov委員長は、政府が開催したサイバーセキュリティ及びインフラの問題についての会議で、暗号通貨市場関連の法律がないので国家の経済と安全に脅威を与える可能性があると示した。

そのため、ウクライナ政府は、暗号通貨監督管理特別作業チームを設立し、ウクライナ国家銀行、財務省、ウクライナ証券・株式取引委員会およびウクライナ警察局の関係者から構成され、彼たちはどの機関がデジタル通貨に管轄権を持つべくかについて一緒に決定し、デジタル通貨取引の所得税を追跡するシステムも構築することニナ取ると発表した。

ウクライナ政府は声明ので書いた。

「ウクライナ政府は、この特別作業チームが、法執行機関が暗号通貨のデータにアクセスできるようにする仕組みをアドバイスすることが望んでおり、また、法律範囲で要求されるすべての取引情報を金融機関に提供し、動機付けの要求に基づいて顧客の情報を開示することも義務付けられている 。」

ウクライナ政府も、同国の中央銀行が自国の仮想通貨を発行する可能性があると述べたことは注目に値する。

前のニュースによると、ウクライナは、中央銀行の監督下ですべてのデジタル通貨取引を統一する法案を望んでいた。その中で、提案された法律は、デジタル通貨取引所の課税と監督に関する規定、及びウクライナの鉱業採掘に関する規定を含んでいる。しかし、この法律の申し込みはまだ公式に承認されていない。

    根源: Cointime 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約