GBX取引所は独自通貨の販売を公開、暗号通貨市場の新しい時代を開く

    2018/01/11 16:15 盛乾坤 huang Created with Sketch.
    350

1月10日、暗号通貨取引所GBX(The Gibraltar Blockchain Exchange)は、2018年2月7日から2018年2月14日までトークンを公開販売イベントを行う予定だと発表した。 イベントで、GBXはおよそ約600万ドルの6000万枚のRKT独自通貨を発行することになる。

GSX取引所の子会社として、GBXの目標は世界初のEU監督管理を受けているトークン販売プラットフォームとデジタル資産取引所になる。GBXはグロバール取引所を目指し、ハイレベルなデジタル資産交換のサービスを提供するため、厳格な調査と登録プロセスを行うことにする。これに対し、GBXはすべての市場関与者により高くトークン発行の標準を策定するつもりである。

jO2R3CuNmmIGtYeNK7ff12B30kUdmYOsTyGz2Vnd.jpeg

「ブロックチェーン技術を熟成すれば、市場安定性を確保するうえで、規範化されたシステムを導入すべきである。分散化技術とコンミュニティ原則により、GBXは暗号業界に信頼的な、開放的な及びグロバールの時代を開けることに努力する。ジブラルタルブロックチェーン取引所CEO Nick Cowanが話した。

RKTはイーサリアムブロックチェーンに基づいた独自通貨であり、ERC-20標準にも合格。GBX取引所の媒介として、GBXシステムでいろんな機能を提供する。RKTは主な交換媒介に選ばれた:費用の支払、トークン発行権の申請、上場の担保費用の支払い、ブロックチェーン創新センター(BIC)の寄付と賞金、商業サービスの支払手段など。

I0PTdsp2kUg9W4bHfGhYUCKz1DtPOicA6Gt6cJZE.jpeg

「我々は世界にRock Tokenをシェルする。GBXの全員はブロックチェーン技術に取り込んでおり、プロジェクトの創立方法を変えるかもしれない。ブロックチェーンプラットフォームにご参加ください」とCowanが話した。

GBXは2017年12月先行発売を行った。今は2.1億枚RKTを売り出し、2100万ドルに相当する。GBX独自通貨販売活動の収益はGBX取引所の開発に用いられ、GBXの金融テクノロジー生態システムの発展を促進する。GBXはすべての業務ニーズを応じるため、技術の発展を目指している。

iGH4FxIblcGGvIKs3NlbBXbMLyaAiAnxUI6qdKwB.jpeg

GBXはジブラルタルの分散型台帳技術の監察フレームワークに恵まれ、この監察フレームワークが2018年1月1日で有効にする。

Cowanは、「GBXが監察されたグロバール暗号通貨市場の環境を作りたい。トークン発行から得られた資金のおかけで、まもなくこの願いをかなうかもしれない。

    根源: Cointime 編集者: せい けんこん
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約