ゴールドマン・サックスは、デジタル通貨の役割を強調したレポートを発表

    2018/01/11 11:57 祁銀虹 huang Created with Sketch.
    115

ゴールドマン・サックスが発表した新しいレポートでは、後発国においてビットコインなどのデジタル通貨が代替通貨としてどのように役立つかを強調している。

外国メディアの報道によると、水曜日に発表されたこのレポートは、ゴールドマン・サックスの戦略家であるZach Pandl氏とCharles Himmelberg氏が作成したものだ。

越境取引にはドルの重要性が強調されているが、すべての状況において最良の通貨ではないかもしれない。

ゴールドマン・サックスは、デジタル通貨の役割を強調したレポートを発表

2人の戦略家が説明したように、「ビットコイン(および他のデジタル通貨)は、伝統通貨サービス金融システムが不十分の国と地域において、実行可能な選択肢となるだろう。

しかし、この報告書によると、既存のデジタル通貨は、特に現在の市場環境では適切とは言えない、投機的な要因が明らかであり、デジタル通貨価格の変動も非常に激しい。

Pandla氏とHimmelberg氏は次のように述べている。

「長引くデジタル通貨のリターンは、グローバルな実質生産高の伸びと同等(またはそれ以下)になるはずだ」

さらに、国家デジタル通貨は、金やその他の貴金属と同様の資産とみなされるべきだと付け加えた。

ゴールドマン・サックスは、デジタル通貨の役割を強調したレポートを発表

ゴールドマン・サックスは、後発国や代替通貨におけるデジタルマネーの役割を強調する報告書を発表した

まだ自国の暗号通貨を発行する国はないが、一部の政府はそのような計画を明らかに提案している。

先月、ベネズエラの大統領ニコラス・マドゥーロ(Nicolas Maduro)が経済を助けるために自国のトークンを作成すると発表したことは注目に値する。しかし、野党が率いる国会議員を含む国家立法機関は、この考えに強く反対した。

    根源: Cointime 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約