「E2Eファンド取引」ブロックチェーンパイロット計画を行い、Fund Linkのマイル‐ストーン

    2018/01/11 11:52 盛乾坤 huang Created with Sketch.
    330

フランスパリ銀行(BNP Paribas)の資産管理会社(BNP Paribas Asset Management)はブロックチェーン技術を通じE2Eファンド取引ブロックチェーンパイロット計画に成功した。

去年年末で行われたブロックチェーンパイロット計画はフランスパリ銀行証券会社、Fund LinkとファンドプラットフォームFundsDLTが推進する。このパイロット計画はブロックチェーン技術に基づいたファンド取引プラットフォームであり、ルクセンブルク証券取引所の子会社Fundsquare、InTechとKPMGルクセンブルクが共同開発した。

BNPは、この取引は注文から処理まですべてのプロセスを含め、Fund Linkはほかのブロックチェーンとリンクできることを示した。それは新しいモードともいえるだろう。

「E2Eファンド取引」ブロックチェーンパイロット計画を行い、Fund Linkのマイル‐ストーン

 フランスパリ証券サービス会社(BNP Paribas Securities Services)の資産管理部経理Arnaud Claudonは、このパイロットはFund Linkに対しマイル‐ストーン

の存在であると話した。

KPMGのFihriは「FundsDLTを利用しパイロット取引を行う資産管理人が増える一方である」と話した。フランスパリ証券サービス会社(BNP Paribas Securities Services)など大手会社が計画を参加することで、このプラットフォームが熟成したことを表明した。アメリカ、イギリスとドイツなどからの企業はFundsDLTとパイロット計画をめぐる検討をしている。

BNPは分散型台帳技術を提唱し、企業支払、融資、中小型企業取引と運営及びストックなどの領域でパイロット計画を行った。

    根源: Cointime 編集者: せい けんこん
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約