スマートコントラクトは一般コントラクトとの区別は? | 百科事典

    2017/11/14 20:02 めい huang Created with Sketch.
    534
前書き 自動化について、スマートコントラクトには契約の条件確認や履行までをスマートに判断できることで、一般コントラクトにはただ進行している指示を実行しているだけである。

徐々にブラックチェーンの技術開発に伴い、スマートコントラクトということがよく議論された。スマートコントラクトとは「デジタルの形での約束事」という定義で、その中で、契約の条件確認や履行までを自動的に強制させられることができる。スマートコントラクトはコントラクトと似ている点もあるし、違う点もある。その区別について下記六点で説明させてもらう。

(スマートコントラクトは一般コントラクトとの区別は?)

(スマートコントラクトは一般コントラクトとの区別は?)

第一、自動化について、スマートコントラクトには契約の条件確認や履行までをスマートに判断できることで、一般コントラクトにはただ進行している指示を実行しているだけである。

第二、状況によると、スマートコントラクトには懲罰という条件が前提とした説明できることや、それを前提で話をする方が客観だと思っているが、一般コントラクトには主観的なプログラムと考えている。

第三、コストには、スマートコントラクトのコストは非常に低いである。それは、スマートコントラクトにはコードが事前に契約当事者により合意され、実行されるときに、多くの人力も物力を消耗ずに、実行できることである。

第四、プログラムの実行時間について、スマートコントラクトにはある事態が事前に予防できる。一般コントラクトにはある状況が事後に判断できる。

第五、懲罰の形式に関して、スマートコントラクトにはデジタルに表現される資産を予め定められたルールに従って担保物件に自動的に移転させる。デフォルトの場合は、違約者の資産が自動に違約金として処理された。しかし、一般コントラクトには通常に法律手段で罰金と要求されるというルールがある。

第六、適用範囲が違うという点で、スマートコントラクトにはグローバルに広くて使用できる。一般コントラクトには特定地域文化、習慣、具体な法律などによって、特定範囲に使用できるのはスマートコントラクトより大きく区別がある。


    根源: Cointime 編集者: めい
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約