ブロックチェーンのハードワイヤードロジックはどういうことでしょうか? | 百科事典

    2017/11/14 19:52 めい huang Created with Sketch.
    740
前書き ブロックチェーンの開発以来で特性な中心化を持ち、修正できなく、ディストリビューティッド的な記帳システムなど特徴で、人々に高い期待が持たれる。ブロックチェーン技術は様々な業界に運用すれば、その高効率、安全など特徴が業界に、さらに人々の生活に大きく影響を与える。

現時点でブロックチェーン技術は実装運用されているが、ネットワークのデータなど分野に運用されただけである。ブロックチェーン技術は日常物品の分野に運用されるというニュース記事がほとんどないである。それはブロックチェーンのハードワイヤードロジックが高速な反面、複雑な命令の実装という実現させることが困難である。

ハードワイヤードロジックとは?

(ブロックチェーンのハードワイヤードロジックはどういうことでしょうか?)

(ブロックチェーンのハードワイヤードロジックはどういうことでしょうか?)

簡単に言うと、ハードワイヤードロジックはブロックチェーンをオフライン実物に応用させることである。例えば、ブロックチェーン技術は1本牛乳或いは1本お酒に応用させるということである。では、ユーザがブロックチェーンで実物の生産過程から消費者が手に入れた過程までの関連情報を手に取る。これで、製品の真実性、信頼性を向上させて、消費者にとっては、絶好なニュースがある。

ハードワイヤードロジックは直面する問題は?

ハードワイヤードロジックの問題はオフライン実物に応用させる技術がネットワークでは簡単に操作できないということである。それに、ネットワークではロックチェーン技術によって書いた識別番号は確認できるし、ブロックチェーン技術には改ざんしてはいけないという特徴で、データが完全に偽装できないという現象を防ぐ。

ところが、オフライン実物には違うである。1本牛乳或いは1本お酒など実物は現在にブロックチェーン技術を通り、製品の真実性と信頼性が保証できかねる。それは牛乳或いはお酒など実物製品を置き換えることが出来るという原因である。例えば、ブロックチェーン技術を使って完成した二次元コードを製品の外装に貼って、ユーザは二次元コードをスキャンすれば、製品の情報がすべて現れて、どんな情報も手に入れる。しかし、それの1本牛乳を置き換えれば、ブロックチェーンは情報が正確でも、実際に消費者は購買した製品が偽物である可能性がある。

会社やおよびブロックチェーン業界に対しては、ハードワイヤードロジックの問題を解決しないと、ブロックチェーンはネットワークで存在しかないと考える。しかも、ブロックチェーン技術は勝手にオフライン実物に運用すれば、公衆の信頼が失って、消費者も受け入れにくいという可能性もある。

現在に各業界のブロックチェーンチームはハードワイヤードロジックに対する研究が上記の問題解決方法を必死に探している。ハードワイヤードロジックそういうこと重要なものである。上記の問題が解決できる会社はこの業界のNO.3になると言うまでもない。


    根源: Cointime 編集者: めい
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約