ビットコインのディールメイキング | 百科事典

    2017/11/14 19:37 めい huang Created with Sketch.
    1141
前書き ディールメイキングの前提は購入単価が売り単価より高いで、せめて単価が同じである。購入単価は売り単価と同じであれば、取引価額は売り単価である。

ディールメイキングとは売り手が取引所で受注オーダーを依頼して、買い方が取引所でオーダーを購入して、取引所の価額と前後時間を優先に応じて、両方の合意な価額でデジタル契約を形成され、受注オーダーの中で指定された倉庫に実物を納品されるという取引方法である。

FImU9vsVyf0FhwLk1MmRyHq5qk99fNs2EYVLxViN.jpeg

(ビットコインのディールメイキング)

ディールメイキングの前提は購入単価が売り単価より高いで、せめて単価が同じである。購入単価は売り単価と同じであれば、取引価額は売り単価である。

しかし、ビットコインで取引の場合では、ディールメイキングという取引所には名目貨幣とビットコインという二つデジタル通貨がある。つまり、ビットコインの注文書は名目貨幣の購入書である。どれでも、本体はオーダーである。例えば、まずビットコインの注文書のアカウントには残高を調べて、もし残高は注文書の金額より高いと、注文書の金額と同じ金額のビットコインを凍結して、正式に注文書を披露する。そして、注文書を受け取ったら、同じように残高を調べて凍結して、凍結の分をそれぞれ振り替える。すなわち、ビットコインを持ち方には名目貨幣を購入し、ビットコインを売ることである。名目貨幣を持ち方にはビットコインを購入し、名目貨幣を売ることである。


    根源: Cointime 編集者: めい
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約