暗号通貨ということでしょうか?| 百科事典

    2017/11/14 19:26 めい huang Created with Sketch.
    157
前書き 22種暗号通貨の中では、単価1000ドルを超えるのは4種があり、100から1000ドルまでの単価は7種があり、1から100ドルまでの単価は104種がある。

Cryptocurrencyということを訳すると暗号通貨である。デジタル通貨は流通できれば、価値があることだけである。暗号通貨は法定的な通貨の発行機関で発行されなく、センター銀行にもこれをコントロールできない。それは世の中にコンピュータで運算されていたプログラムに基づきコードが開発されたことである。コンピュータのビデオカードやCPUの大規模計算機能で使われ、暗号学により暗号が装置されるため、通貨の各流通作業が流暢にでき、セキュア通信が保証できるようになる。暗号学によって設計された暗号通貨は本物で存在している。

コードとは、莫大な複雑な計算で生成されたさまざまな解く方法がある。リビングストン鉱を掘り出すみたいなことを通じて、暗号通貨はひとつながりのコードだけである。人民幣の序列コードのように、これが持ったれば、暗号通貨の使用権も持つ。それで正真正銘にデジタル資産を持つことができる。コインマーケットでのデータによると、2017年6月28日までに928個暗号通貨の中で、時価を持ったのは722個で、総計1061億ドルである。

暗号通貨ということでしょうか?| 百科事典

(暗号通貨ということでしょうか)

22種暗号通貨の中では、単価1000ドルを超えるのは4種があり、100から1000ドルまでの単価は7種があり、1から100ドルまでの単価は104種があり、そして1ドル以下の単価は606種がある。毎種類の暗号通貨が総発行量によって単価が違うので、単純に単価を比べるとできない。例えば、ビットコインの発行量は2100万枚で、発行した数量が1640万枚で、単価が2578.78ドルである。しかし、Rippleの発行量は1000億枚で、この流通数量が383万枚で、単価が0.277ドルである。しかも、Z cashの発行量が2100枚で、発行した155万枚で、単価が339.5ドルである。

暗号通貨は理念の誕生以来で段々注目を取れることになるのは、ブロックチェーンのおかげだ。特にさまざまな暗号通貨は900種に至るまで、暗号通貨の競争力がもう理念と技術の競争だけでなく、ブロックチェーンを支えてきたのはますます重要な功能になる。一般的に、暗号通貨のブロックチェーンには発行、為替、保管及び流通など功能があり、チームの開発力、社会の参加者、技術者、投資者、ブロックチェーンに関する項目、取引場所及び監視機関などに関われる。各ブロックチェーンには構成方法が著しい差があるというのはもちろんである。例えば、ビットコインはすでに研究チームがなかった。未来幣、NEM, IOATなどの暗号通貨は最初の取引によって、一度だけ発行済み、それから発行しないということである。その中でIOATがブロックチェーンの暗号通貨ではないである

ビットコインを上げて、このブロックチェーンには発行マイニングプールにおいて、計算力に見ると、全世界ランキング10位前には7個マイニングプールが中国にある。取引所は中国にはさまざまな40軒ぐらい会社がある。貯蓄ウォレットのアプリ、流通作業の取引さまざまな場合で、例えば、Microsoft  DELL,日本楽天市場、中国NEWEGG、Overstockなど会社がビットコインで支払い、ユーザも、基金会、各国監視機構及びほかの産業連携法の場合で暗号通貨が使われている。


    根源: Cointime 編集者: めい
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約