NEMとは?新経幣? | 百科事典

    2017/11/13 21:39 めい huang Created with Sketch.
    759
前書き NEM項目は2014年1月19日に開始され、発行数量が90億枚で、POI(重要度証明)アルゴリズムを使用している。

NEM(New Economy Movement)は新经币という中国語を呼ばれ、デジタル通貨名がXEMと呼ばれる。NEMは暗号通貨だけでなく、そこには、P2Pセキュアなマルチシグ(多重署名)アカウント、インタラクション情報出力装置、決済システム、資産管理システム等が組み込まれている。

NEMは独創的な多重署名と知的な資産管理システムを持ち、例えばインターネットにはドメインネームとベージフレームがあるというイメージである。ユーザが自分のアカウントを申請しやすいし、パブリックなブロックチェーンで資産を発表できるし、そこで、XEMはNEMというプラットフォームで発行した通貨名である。

whG3bwMM2ewIYoQSpsbT9DlWc1RAK2slzU0UfVfZ.png

NEMは完全にJavaで書かれた新しいコードベースである。そこには発行している通貨名XEMが下記通りに5つ基本特性を持ち。

1、コレクション価値-XEMは安定性が高いし、インフレを発生する概率が低いで判断されました。

2、取引簡単-POIスコアを増やすし、TPSも高いし、データの支持力も大きいしチェーンに取引をするのは速やかである。

3、ハーべスティング-持っているお金が報酬を与えている。

4、効率高い-ブロックチェーンで運行したのは大量的な電力を産生しないし、エネルギーも消耗しないという利点がある。

5、需要多い-パブリックなブロックチェーンで資産を記入して発行する場合では知的システムはXEMを自動に引く。

POI(重要度証明)アルゴリズム

現在で、主にバラックチェーンにはPOW、POS及びミックス契約等を採用して、ところが、NEMはPOI(重要度証明)アルゴリズムを使用している。POI(重要度証明)アルゴリズムとはPOSに基づき運算して、計算しやすいため、低エネルギー、高効率等得意点があり、それを持って、POSにはシビル アタックが出た50%可能性は防犯できる。

一般デジタル通貨との異同

ビットコインと他仮想通貨は主に価値通貨の形で存在して、ほかの地域には通用できない。太坊ブロックチェーンにはフレックス的な知的契約を提供している。それには色んな開発工具と改善した安全保障標準を持っている。

しかし、太坊ブロックチェーンでの知的契約は古いギリシアに法律条項のように、一旦書かれたば、変更できないことになっている。標準化またセキュリティ高い契約文書も複雑な効能を行われてはない、更新もできない。一旦知的システムで複雑なプログラムを書かれば、発生したバグを探して取り除く作業ができない。

バラックチェーンに対して、NEMは採用方式が違う。NEMはバラックチェーンの内部が出来上がり、開発者は知的契約文書を書ったチェーンにおける装置を設計されるため、太坊ブロックチェーンでのバグを避けることができる。NEMではRestAPiの装置を完成されたため、応用性が高いし、研究開発した語言を通用できるし、コアの取引形式を実装するし、NEMブロックチェーンの健全性が保証できるし、取引セキュリティと規律が監視できる。

NEMのウォレット

NEMのウォレットはナノウォレットを使われ、ウィンドウ、マック、リナックス、iOS版とアンドロイド等多種システム版がある。

XEM取引所

現在XEMで取引できる場所はBTC38(まもなく閉める)、Poloniex,Bittrex, Coincheck, Zaif等。

NEMのプライベートブロックチェーン

NEMのプライベートブロックチェーンはMijinというシステムがある。Mijinは、日本の大手研究グループであるNRIにNEMブロックチェーン技術Mijinのテストを依頼して研究され、さらに宣伝された。

NEMブロックチェーンの運用

NEMブロックチェーンにより、銀行口座が必要ではないし、速やか、安全、コスト低いと日々支払が行われる。それに資産の保存、アカウントの創建、世界商品の売買などができる。NEMのプライベートブロックチェーンとパブリックなブロックチェーンでの運用もう全世界に広くなり,各国家とさまざまな業界に使用している。最近、、マレーシア クアラルンプールには千メードルNEMブロックチェーン研究運用センターという建物が建造される。

NEMの未来計画

カタパルトは今年冬から開発中であり、C ++で書かれたNEM / Mijinの拡張バージョンであり、スループット、柔軟性、安定性、ネットワーク通信の最適化、スケーラビリティを向上させ、より良いネットワークパフォーマンスを提供するように設計されている。それに、NEMのTPSも高くになり、プライベートブロックチェーンのTPSも4000に達成した。この発表の後、資金調達という取引をAggregate Transactionは許可すると宣伝した。

NEM研究グループ

NEM研究グループはジャガーを中心して経験が多い技術研究者で、彼らは北米、ヨーロッパ などの違う国家と地域から集まり、NEMのコアエンジン を共同に構造した。NEM基金会はシンガポールに本部になって、メンバが世界に広く、非営利組織である。NEM基金会はNEMブロックチェーン技術継続発展しているという課題を取組しているため、様々分野や政府のNEMユーザと開発者をおかけて生態システム建設の発展が推進されている。


    根源: Cointime 編集者: めい
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約