日立がインド決済市場に挑む、現地の商銀最大手とタッグ

      日立がインド決済市場に挑む、現地の商銀最大手とタッグ

      日立製作所は2018年10月29日、インド最大の商業銀行であるインドステイト銀行(State Bank of India)の決済サービス子会社に出資することで合意したと発表した。まずはキャッシュレス決済の加盟店開拓事業に参入。新たな決済システムの基盤開発も視野に入れる。インドで急速に盛り上がるキャッシュレス決済ニーズを取り込み、東南アジアなどの新興国にも広げたい考えだ。
    国産ブロックチェーン「Hyperledger Iroha」をモスクワ証券取引所グループNSDが採用

      国産ブロックチェーン「Hyperledger Iroha」をモスクワ証券取引所グループNSDが採用

      独自ブロックチェーンを開発するソラミツ株式会社は10月23日、同社はNational Settlement Depository(NSD:ロシア連邦証券保管振替機関)と共同でD3ledgerを設立し、独自ブロックチェーン「Hyperledger Iroha」(いろは)を活用した分散型デジタル証券保管振替プラットフォームを開発し仮想通貨など暗号資産のグローバルな預託サービスの試験運用を開始したことを発表した。16日より、資産管理会社であるAddCapital Investment Fundが同サービスの試験
    仮想通貨取引所Coinbase、IPO進行予定

      仮想通貨取引所Coinbase、IPO進行予定

      仮想通貨取引所CoinbaseがIPOを進行する予定だと明らかになった。CNBCアフリカのブロックチェーン番組クリプトトレーダーの司会者は自身のツイッタで「CoinbaseはクリプトトレーダーでIPOを進行するニュースを伝えた」と25日(現地時間)に明らかにした。
    銀行から直接ICOへ参加!?スイスの銀行による新サービス開始

      銀行から直接ICOへ参加!?スイスの銀行による新サービス開始

      仮想通貨詐欺の横行、ICO価格割れ、また資産管理の困難さなど、様々な課題が山積みである現ICO市場。これまでICOで販売されたトークンの3分の2以上が価格割れをし、投資家は頭を抱えているという実態が最近報告されている。そんな中、スイスの銀行が、安心してICOへ参加できるプラットフォームを提供する意向を明らかにした。
    アクセンチュア、複数のプラットフォーム間を結ぶソリューションを発表
    イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンで発展途上国の農家を支援
    ウクライナで、仮想通貨ビジネスに10年間の免税期間を求める法案が提出
    BCEX、今年12月から韓国で取引サービス開始へ
    ロシア、仮想通貨採掘企業Bitfury、IPO推進
    スペインで仮想通貨保有量の報告を義務化する法案が承認
1 2 3 4 5 下五页 下一页
  • 金雪莱
    金色财经责任编辑
    金色财经责任编辑
  • 記者

  • 834篇

    文章总数

    44.7万

    文章总浏览数