2018.09.21  一昨日  金曜日
  • 18:58

    【米国内でも「仮想通貨課税の明確化」を望む声、複数の国会議員がIRS長官に強く要請】IRSは2014年、仮想通貨に対して暫定的に「Notice2014-12」を発表したが、4年経った今も今だに明確化されない仮想通貨課税に関する規制。アメリカ国民が合法的に新たな技術を活用できるよう、規制の明確化をIRSのトップに書簡を通じて呼びかけた。
  • 18:57

    【「米連邦政府も直接的に仮想通貨規制への体制を確立すべき」連邦預金保険公社 前会長】米国連邦預金保険公社の前会長であるSheila Bair氏(以下Bair氏)は、 9/20にニューヨークで開催されたYahoo All-Markets Summitにて、 仮想通貨の統制に向けて、連邦政府の公式な規制体制を確立すべき時が来たと述べた。
  • 18:57

    【仮想通貨投資アプリCircleが新たにクアンタム、ステラを含む4通貨の取扱追加】Circle Investが新たに4つの通貨、Qtum(QTUM)、0x(ZRX)、Stellar(XLM)、EOS(EOS)を追加すると発表した。
  • 18:51

    【スイス:イスラエルの仮想通貨市場整備に外交協力】仮想通貨先進国として知られるスイスの銀行が、イーサリアムをはじめとする複数の仮想通貨をイスラエルで取引できるようになる可能性がある。スイスの大臣と外交官による先日のイスラエル訪問に関する外交官自身の最新の報告で明らかとなった。
  • 18:51

    【世界の2大取引所が雇用強化、市場のさらなる伸びに期待がもたれる】昨年末のピーク時から市場全体で80%もの下落を見せている仮想通貨市場の弱気相場にあって、世界最大の取引所であるBinanceとCoinbaseの2社は活発な雇用をすすめている。
  • 18:46

    【米国内でも「仮想通貨課税の明確化」を望む声、複数の国会議員がIRS長官に強く要請】IRSは2014年、仮想通貨に対して暫定的に「Notice2014-12」を発表したが、4年経った今も今だに明確化されない仮想通貨課税に関する規制。アメリカ国民が合法的に新たな技術を活用できるよう、規制の明確化をIRSのトップに書簡を通じて呼びかけた。(COINPOSTより)
  • 18:45

    【次回会合でブロックチェーンについて協議=米国規格協会(ANSI)】米国規格協会(ANSI)が、次の「法的課題と共同会員フォーラム」でブロックチェーンと人工知能(AI)について議論すると発表した。ANSIはこれまで多くの国際レベルの規格を策定していて、ブロックチェーンのさらなる普及に向けて追い風となるかもしれない。
  • 18:45

    【SEC幹部 「もっと本質的な」ICO取り締まりを 仮想通貨に一定の理解も】米国証券取引委員会(SEC)のディレクターであるステファニー・アバキアン氏が違法なイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に対して「もっと本質的な」取り締まりを行なっていくと発言した。SECの正式な見解ではないものの、これから米国内でICOの規制強化が進んでいくことを示しているかもしれない。
  • 18:44

    【オーストラリア規制当局 ICOと仮想通貨ファンドについて警告】オーストラリア証券投資委員会(ASIC)が20日、「誤解を招きやすい」イニシャル・パブリック・オファリング(ICO)と仮想通貨ファンドについて個人投資家に警告を発した。ASICは今月初めにもICOなどへの規制強化を発表している。
  • 18:43

    【仮想通貨のマネロン対策 10月に世界的な基準が決定か】マネロンやテロ資金対策などで国際的な協力を推進する金融活動作業部会(FATF)が、仮想通貨におけるアンチマネーロンダリング(AML)の世界的な枠組み創設に向けて動いていると19日のフィナンシャル・タイムズが報じた。仮想通貨に対する規制を各国が模索する中、国際的な基準が打ち立てられるのか注目だ。記事によると、FATFのマーシャル・ビリグスリア代表は、各国でAMLスタンダードの「ギャップ」を埋めることを目指して、新たな基準の策定を10月のFATFの総会で行うと発言したいう。
  • 18:42

    【仮想通貨採掘マルウェア 今年500%増=調査】アメリカ国家安全保障局(NSA)のマイクロソフトシステム対象のコードがハッカーによって流させられことで、仮想通貨採掘のマルウェア感染数は5倍も増加したという報告書が発表された。ブルームバーグが19日に報じた。詳細を見る
  • 18:42

    【ロシア大手銀「仮想通貨に強い興味」非公式会合でビットフライヤーなどに相談か】ロシアの複数の大手銀行が仮想通貨とブロックチェーンに強い興味を示していることが、モスクワ証券取引所で非公開で行われた会合で明らかになった。19日付のロシアのニュースサイトRBCが報じた。この会合には、日本の規制担当者やビットフライヤーなども参加していたと報じられており、日本の経験を海外に伝える場になったという。
  • 18:41

    【中国国営テレビ局CCTV、日本の仮想通貨盗難事件放送】今日、中国国営テレビ局CCTVファイナンシャルチャンネルは、日本の仮想通貨取引所が67億円相当(約4億人民元)の巨額の仮想通貨を盗難された事件を放送し、近年来、仮想通貨が投資家に人気を博していおり、最も安全なネットワーク技術であるブロックチェーンに依存しているが、トランザクションのセキュリティ性はチャレンジされているとコメントした。
  • 18:40

    【アクセンチュアのレポート:半導体産業はブロックチェーン技術と統合する可能性が最も高い】半導体産業は、業界でのブロックチェーンの統合という点で、最も魅力的な業界であることが期待されている。アクセンチュア(ニューヨーク証券取引所:ACN)の新しいレポートによると、人工知能と拡張現実が人々の生活に及ぼす影響は甚大である。「半導体技術ビジョン2018」と呼ばれるこのレポートは、約3割の経営幹部がブロックチェーンを今後3年間でシステムに統合することを期待していることを示している。これは調査対象の18業種の中で最も高い割合。
  • 18:39

    【ビットコインソフトウェアにDoSバグが発見、開発者緊急修正】9月20日昼頃のニュースによると、ビットコインソフトウェアに深刻な脆弱性が存在するため、開発者は火曜日に緊急に議論し修正ソリューションをリリースしたことが報じされている。
  • 18:38

    【仮想通貨マイニングにより、サイバー脅威が加速している】カスペルスキーの最新のIoT Labのレポートによると、2018年前半にInternet of Thingsマルウェアが3倍に増加した。ハッカーがネットワークデバイスに入る金融機会を認識することにつれて、攻撃はより複雑になった。現段階でInternet of Thingsが直面する最大の問題の1つは、悪意のある仮想通貨マイニングであり、DDoS攻撃やボットネットの攻撃がますます多くなり、IoTのセキュリティにも課題になった。
  • 18:36

    【元RBSのブロックチェーンチーム、ブロックチェーンリスクスタジオを成立】元ロイヤルバンクオブスコットランド(RBS)のブロックチェーンチームは、Chorumと呼ばれるブロックチェーン「リスクスタジオ」を成立した。そのメンバーには、RBSイノベーションチームを率いたRichard Crook氏、エンジニアのMark Simpson氏、Ben Wyeth氏、Farzad Pezeshkpour氏が含まれる。
  • 18:33

    【中国、仮想通貨取引所への規制が続き、支払い決算から海外プラットフォームへ閉鎖】9月18日、中国人民銀行上海本部、上海氏金融サービス弁公室は、仮想通貨取引プラットフォームの規制を強化するという公告を発表した。つまり、サーバーが海外で設置されたが、実際に中国で取引を行った124の仮想通貨取引プラットフォームに対し、モニタリング及びリアルタイムな監視し、リアルタイムでブロックする。
  • 18:22

    【仮想通貨「SIX」、日本・香港の取引所に上場】フューチャーストリームネットワークス(FSN)は21日、自社独自の仮想通貨「シックス(SIX)」が海外の仮想通貨取引所の「Liquid」と「Coinsuper」に上場されたと発表した。SIXは、ブロックチェーン基盤のマーケティングサービスプラットフォーム「シックス・ネットワーク」で活用されている、Stellar Lumens(ステラ ルーメン/XLM)をベースにしたトークンだ。詳細を見る
  • 18:11

    【新作ブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』本日よりゲームアセットのプレセールを開始】ブロックチェーンゲーム開発を⾏うdouble jump.tokyo株式会社は、本⽇9:00より、新作ブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』のゲームアセットのプレセールを開始した。詳細を見る
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約