2018.05.25  今日  金曜日
  • 17:24

    【Penta CEO David Ritter:今後韓国はPentaの重要市場の一つである】Penta(PNT)は韓国ソールCrypto Forum2018の主催者であるBlockChain Timesの招待を受け、会議に主席した。QTUM、Aelfなどブロックチェーンの代表者も参加した。Penta CEO David Ritterは、今後韓国はPentaの重要市場の一つであり、その発展に力を入れると示した。
  • 17:02

    【EOSのノード40個がカナダネットワークテストに参加】金色財経提携メデイアIMEOSの情報によると、5月25日朝9時、EOSのノードがEOSCANADAが主導するEOS-BIOS計画に参加し、起動生産ノードになった。合計40個ノードが参加した。この計画はステージ9から11にアップし、昨日システム契約の一部の配置が成功せず、テストが失敗したが、本日は成功した。
  • 16:48

    【Bancor取引所がHydro Protocol(HOT)を公開】Bancor取引所がHydro Protocol(HOT)を公開した。伸び率21.72%。
  • 16:43

    【アーンスト・アンド・ヤングハブロック技術プラットフォームを公開】Coindeskによると、アーンスト・アンド・ヤングはソフト会社Guardtimeと連携した運送保険プラットフォームを実装した。このプラットフォームは運送保険のエコシステムで分散型元帳技術を使用し、出荷データを記録し、自動的に保険を購入、効率・透明度を高めることができる。
  • 16:14

    【IoTeXは5月25日Gate.io取引所に上場】5月25日11時に、IoTeXはGate.io取引所に上場した。IOTX/USDT、IOTX/ETH取引ペアも上場した。現伸び率400%に達した。
  • 16:00

    【GSCはRfinex取引所に上場】5月25日12時、GSCはRfinex取引所に上場された。
  • 15:57

    【BAICコミュニティは新しいトークンのスマート契約を更新】BAICコミュニティは新しいトークンのスマート契約を更新した。新しいトークン(BAIC)は2018-5-24のスナップショットによりユーザーに配布された。旧トークンBAIはBAICに代われ、BAIがこれから何の価値もない。
  • 15:38

    【BCD伸び率6.01%】Coinmarketcapのデータによると、BCD時価3.27ドル、伸び率6.01%。BTC時価7622ドル、伸び率マイナス0.25%。BCH時価1064.79ドル、伸び率3.55%
  • 15:31

    【Huobipro 最大伸び率1000%】Huobiproは本日12時にKANを上場した。最初のじかが0.01ドル、最大価格は0.11ドルに達したことがある。現時価0.033ドル、伸び率230%。
  • 15:22

    【IBMはブロックチェーンで自然災害を軽減】Geekzoneの情報によると、近日、IBMはパートナーと共に、Code Global Initiativeを提案した。クラウドデータ、AIとブロックチェーンで自然災害を軽減する。この動きは、企業、開発者と学者を集めることで、社會問題の一つ:自然災害を予防、対応と軽減に取り組んでいる。
  • 15:12

    【ブロックチェーンコンテンツプラットフォームContentBoxを実装]】ContentBoxはGoogle Playでランキング1位のCastboxと提携関係を結ぶことがわかった。暗号通貨を通じて、デジタルコンテンツのプラットフォームを作る意向が示した。
  • 14:57

    【ロシア最大の銀行が今夏にICOの実証実験、ロシア中央銀行のサンドボックス制度活用】ロシアの投資銀行、スベルバンクCIBとロシア証券保管振替機関(NRD)は、ロシア中央銀行のサンドボックス制度を活用した初のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の実証実験を実施する。現地メディアのフォークログが24日に報じた。
  • 12:20

    【Bitek:コロンビアでBCH決済を推進】BCHの支持者Javier BarreraとAndrésRiveraが、暗号通貨の発展にはBCHの支持をを得る、最近、彼らはBitek.coという処理機能を公開した。
  • 12:10

    【ドイツ商業銀行と鋼鉄会社がブロックチェーンで証券取引を完成】ドイツ商業銀行Commerzbankと鋼鉄会社Yhyssenkruppはブロックチェーンで50万ユーロ(58.6万ドル)に相当する証券パイロッ取引を完成した。
  • 12:04

    【Bittrex取引所はGiftoを公開する】5月25日、Bittrex取引所はGiftoを公開し、GTO/BTC、GTO/ETHの取引ペアも公開する。Upbitも、GTO/BTC、GTO/ETHの取引ペアを公開する。
  • 12:01

    【メインネットを開始する予定のERC20通貨ラインナップ】1、トロンのメインネットは5/31に開始。6月21日から25日までの間に新TRXに更新することができる。2、EOSのメインネットは6/2に開始。3、VENのメインネットは6/30に開始。4、ZILは、今年の3月にテストネットをリリースしたが、メインネットの開始は第三四半期に予定。5、ADAは昨年の9月にメインネットを公開したが、本移行ではなく、今年の第二か第三四半期にリリースされる予定のShellyというプロジェクトを運用。
  • 12:00

    【中国20代若者が92.6枚ビットコインで550万人民元に相当するマンションを購入】FiiiGroupの情報によると、5月17日、深センで20代若者が92.6枚ビットコインで550万人民元(約9417.1万円)に相当するマンションを購入したことがわかった。不動産屋仲介者は、この若者が3年間、ブロックチェーンで数千倍の収益を獲得し、ブロックチェーンの実装を期待すると話した。
  • 11:49

    【オーストリアCoinjar取引所はAUDに相当するデジタル通貨を公開】News.Bitcoinの情報によると、オーストリアCoinjar取引所はAUDに相当するデジタル通貨を公開した。この取引所は、AUDとBTC、ETH、LTCとXRPの取引ペアを公開する。AUDを除き、アルトコイン取引区でのすべてのBTC取引ペアを支持する。
  • 11:48

    【GMO、高性能マイニング機発売へ】日本の大手IT企業のGMOインターネットは、世界初となる7nmのチップを使ったビットコインマイニング機器を年内に販売開始する予定だ。23日の発表によると、同社は新製品の「B2マイナー」を6月6日に販売開始し、その後量産を行い10月末までに出荷が始まる予定だ。17年9月に同社が新たなASICプロセッサーの研究開発を初めて公にして以来、何カ月もの試験期間を経ての販売開始となる。B2は低電力で高いハッシュパワーを提供するに違いないが、その価格と性能の詳細は6月の販売開始時に明らかになる予定だという。発表によると、GMOはB2を他のマイニング業者へ販売するが、加えて自社の既存のマイニング施設でもこの新製品を利用する計画だ。
  • 11:41

    【ビットコイン軟調、一時7200ドル台に下落】インターネット上の仮想通貨ビットコインが軟調に推移している。情報サイトのコインデスクによると、ドル建て価格は日本時間24日夜に1ビットコイン=7200ドル台と4月中旬以来の安値水準に下落する場面があった。中国の工業情報化部が今週前半に公表した報告書をきっかけに中国で仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)の規制が強化されるとの観測が強まり、ビットコインの売りを促した。日本時間24日夜に米司法省がビットコインを含む仮想通貨について違法な価格操作の可能性を調べ始めたとの報道が伝わったのも重荷となった。旧マウントゴックスの運営会社であるMTGOXの破産財団が再びビットコイン売りに動く可能性も意識されており、コイン需給が緩むとの警戒感から投資家の買いが入りにくい面もあるようだ。「情報元:日本経済新聞」
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約