学費を仮想通貨で納入?フランスMBAの最新決済事情とは

    715

フランスのとあるビジネススクールが、時代に即した新たな取り組みを開始した。

学費を仮想通貨で納入?フランスMBAの最新決済事情とは

その取り組みとは、なんと学費の支払いを仮想通貨で受け付けるという、前代未聞のアイディアである。

教育のステージでも実践?フランスで進むキャッシュレス化の実態とは

今回上述の事実で話題を呼んでいるのは、フランスはパリにあるビジネススクール、「フィナンシア・ビジネススクール」だ。

同校では、従来の現金等に加え、ビットコインによる授業料支払いを受け付けている。

その最大の狙いとしては、外国人留学生の送金コストなどを軽減する事にあるという。

実際、年間100万円単位で発生する学費を海外送金する場合、場合によっては手数料だけで数万円かかってしまう事もザラだ。

こうした問題点から鑑みても、フィナンシアが採択した政策は、在校生から人気を博す予感が漂い始めている。

同校は2014年に設立された新しいビジネススクールで、MBAやフィンテックなどの最新講座を持つ事で話題だ。

今回の仮想通貨による支払い政策は、仮想通貨系ファンドであるCoin Capital社と恊働で実施している。

年々多様化する入学生に向けてローンチした同サービスは、既に5人の学生が使用済みとのこと。

フィナンシアは今後、更なる発展と多角化を目指し、サービス改善に努めている段階にあるという。

声明:コインタイムは登載した文章がもっと情報を伝えたいため、文章の観点や主張がコインタイムには関係なし、ご参考までに。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約