大手取引所Binance、ブロックチェーン実装の寄付サイトを公開へ

    621

先日、永世中立国として有名な大国スイスにて、国際連合貿易開発会議(UNCTAD)主催の世界投資フォーラム2018が開催された。

大手取引所Binance、ブロックチェーン実装の寄付サイトを公開へ

同会議では、各国さまざまな企業・有名人が投資に関するプレゼンを行ったが、その中でも特に注目を集めたのが、いまや世界一の取引所「Binance(バイナンス)」だ。

慈善活動に注力?Binanceが手掛ける寄付サイトの全貌とは

10月24日、上述の通り、スイスで世界的な投資フォーラムが開催された。

バラエティ豊かなスピーカーが集う中、大手仮想通貨取引所Binanceのチャリティ部門である「ブロックチェーン・チャリティ・ファウンデーション(BCF)」も舞台に登壇。

We are here!#WIF2018 The first session starts. pic.twitter.com/0KJgIRKZ7Q

— Blockchain Charity Foundation (@BinanceBCF) 2018年10月24日

その場において、ブロックチェーン技術を実装した新たな寄付サイトについて、その詳細を語った。

「BCFチャリティーシステム」と名づけられた同サイトは、「バイナンスコイン(BNB)・ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)」の3銘柄を用意している。

利用者はこれらの通貨を用い、即時同サイト上で寄付を開始する事ができる仕組みとなっている。

Binanceは現在寄付地域の拡大に努めており、最近では記憶に新しい、ウガンダ東部の洪水被災地への支援も予定しているという。

そんな期待大のBCFで責任者を務めるHelen Hai(ヘレン・ハイ)氏は現況について、

「我々のプラットフォームを通じた寄付は、完全な透明性を担保し、確実な業務遂行を図る事ができる。

また私たちは、貧困地域に暮らす10億人以上の人々を直接支援すべく、ブロックチェーン技術を存分に活用する所存だ。

貧困が100%の運命ではないと信じ、これからも精力的に活動を続けていく。」

と、力強いコメントを寄せている。

Binance本社でCEOを努めるジャオ・チャンポン(通称:CZ)氏も、同様にBCFの寄付サイトに関する紹介をするなど、まさに話題はそのことで持ち切り状態。

同氏はこれまでの慈善事業と一線を画す同事業に、並々ならぬ想いで臨んでいる様子が伺える。

最近になって特にチャリティ関連に力を注ぐCZ氏の思惑はどこにあるのか、その実態はベールに包まれたままだ。

声明:コインタイムは登載した文章がもっと情報を伝えたいため、文章の観点や主張がコインタイムには関係なし、ご参考までに。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約