IBMリサーチ結果、中央銀行は「デジタル通貨発行」に前向き

    724

ドイツ連邦銀行を始め、多くの中央銀行がブロックチェーン技術を基盤とするシステム開発に出精する今日、国家主体で発行するデジタル通貨に関するトピックが関心を集めている。

IBMリサーチ結果、中央銀行は「デジタル通貨発行」に前向き

IBMが公開した調査報告によると、数多くの中央銀行は「デジタル通貨を発行すべき」と考えている一方、ブロックチェーン技術を採用することによって期待できる費用対効果は「判然としない」と見ているようだ。

ビットコインを代替する?中央銀行発の仮想通貨誕生か

「CBDC(中央銀行デジタル通貨)」やそれを採用することで可能となるビジネスユースケースについて説明することを目的とした今回の調査は、IBMとOMFIFによって中央銀行21行を対象に行われた。

その結果によると、中央銀行の多くはCBDCを「発行するべき」という見解を持っているという。

法定通貨によって価値が裏打ちされるデジタル通貨を発行することで「トークン価値の安定性を確保する」ことができるそうだ。

これに関して、報告書では以下のように述べられた。

ビットコインは、普遍的に受け入れられている決済方法ではないため、「価値の交換」という通貨の条件を満たしていない。価格変動が激しい投機的な製品として扱われることによって、仮想通貨の利便性はさらに減少する。CBDCは、この問題を解決できる可能性がある。

また、中央銀行21行の内、その38%がブロックチェーン技術を使った銀行間の取引におけるテストを現在実施しているという。

しかし、その61%は、効率性の向上が確認できないことを理由に、同技術は「必要ないかもしれない」と回答しており、また76%は、規制などを考慮した上で分散型台帳技術が効果を発揮できるかが「判然としない」という見解を明かしたそうだ。

中央銀行、既存の金融システムに「満足している」?

同報告書には、国境を越える取引におけるDLT(分散型台帳技術)の活用を試みるプロジェクトを含める、分散型技術の可能性を模索したいくつかのユースケースが詳述されていた。

しかし、現在試行されているこれらのビジネスユースケースは、現存する決済システムを近い将来に「置き換えることはない」とのこと。

また、中央銀行の多くは既存のシステム「満足している」と、報告書には述べられていた。

従来の金融機関によってブロックチェーン技術の取り組みが本格化する中、まだまだそれは初期段階といえるようだ。

声明:コインタイムは登載した文章がもっと情報を伝えたいため、文章の観点や主張がコインタイムには関係なし、ご参考までに。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約