静かなビットコイン相場、底値近いか-次の大変動を見据える向きも

    2018/10/25 16:02 祁銀虹 huang Created with Sketch.
    112

仮想通貨として世界最大のビットコインは、このところの価格安定が目立っている。ボラティリティーの低下は底値が近いことを示しているのかもしれない。1日の変動が5%を超えた日は10月に入ってわずか1日。1月と2月はそれぞれ9日間あった。

EcDIsCsxn1MOUM78dfL1XBsc5HQvS7pQCaa2sTEt.jpeg

ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、マイク・マクグローン氏によれば、低水準のボラティリティーは「市場から投機が去りつつあり、ようやく底打ちするプロセスの兆し」だ。

28ICy7wvgWrPcjvGScUW7kGeBXktUTXOddLSBNea.png

アトランティック・ハウス・ファンド・マネジメントのマルチ資産責任者チャーリー・モリス氏(ロンドン在勤)は「市場が静かでバランスが取れていることを単に意味しており、投機的関心の薄さを暗示している」と電子メールでコメント。「この弱気相場はもう10カ月目で、うんざりされつつある。次の大きな動きに向けて強気になりたいと考えている」と記した。ビットコインの年初来下落率は50%を超える。

    根源: bloomberg 編集者: キギンコウ
声明:コインタイムは登載した文章がもっと情報を伝えたいため、文章の観点や主張がコインタイムには関係なし、ご参考までに。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約