ビットコイン先物の平均取引量が3Qに41%増加―シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)

    2018/10/18 11:30 祁銀虹 huang Created with Sketch.
    124
前書き シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は、ビットコイン先物の1日の平均取引量が2018年2Qの3,577枚から2018年3Qの5,053枚に41%増加した事を発表しました。

CMEビットコイン先物取引量が増加傾向

2018年3Qにおいて、CMEグループは毎日平均5,053枚の契約を締結しました。契約単価は5BTCであるため、平均取引量は25,265 BTC(約180億円:72万円時)となります。

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン先物の平均建て玉(未決済の契約総数)は、2018年2Qの2,405件から3Qの2,873枚に、19%増加したことも分かりました。市場参加者が、BTCを利用したリスク管理を取り入れています。

4eUaoFewsxaTOPCUQaRVSYT0baoD84kTCSZsm1d8.jpeg

CMEの1日の出来高約180億円は、市中の現物市場でトップ15の暗号通貨取引所、韓国のUpbitや米国のCoinbase Proの全体規模に匹敵します。BTC対USD取引ペアを提供する取引所で見ると、CME市場の24時間出来高は香港に拠点を置く暗号通貨デリバティブBitMEXに次いで第2位となります。

4Qに入り、最近のCMEの取引量は10月15日に7089枚を観測、18日時点の10月分の契約数は6430枚です。

jQXcVN8JDsImBfqNssj3M1noyyzjcisDDoofWtii.jpeg

〇CMEビットコイン先物契約量は10月15日に7089枚 出典:Globex

こうした上昇傾向は2Qから継続しているようです。今年7月、CMEグループのビットコイン先物契約が、2018年2Qに大幅に増加した事が報じられていました。当時CMEグループの契約数は平均1,700枚~3,000枚、7月5日には取引量が6,739枚に急増してCMEのビットコイン・デリバティブ市場の新記録をマークしたと話題になりました。

    根源: Coin東京 編集者: キギンコウ
声明:コインタイムは登載した文章がもっと情報を伝えたいため、文章の観点や主張がコインタイムには関係なし、ご参考までに。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約