200社を超える企業の経営幹部、ブロックチェーンの統合が予想以上に難しいとの考え

    2018/10/12 17:08 祁銀虹 huang Created with Sketch.
    180

ブロックチェーン技術を会社の既存のインフラに統合することが流行っているが、多くの経営幹部は、分散型台帳技術(DLT)を会社に組み込むことは予想以上に難しいと主張している。

mkptyHKY87DDOfURGSFQE0aOjnw9sD8hNSSPTKrB.jpeg

Greenwich Associatesが実行したこのレポートは、ブロックチェーンと分散型台帳技術を企業アプリケーションに統合して企業の運営方法を変える200社を超える企業幹部からのデータと回答を収集している。

調査対象の経営幹部グループの中には、スケーラビリティ問題、セキュリティ問題、トランザクションの機密性の必要性、トランザクションの支払いコンポーネントなど、技術の統合を困難にする要因がいくつか存在することが指摘された。

スケーラビリティの問題について、42%の回答者が大きな問題であり、39%は小さな問題であり、19%は全く問題ではないと答えた。調査に参加しているブロックチェーン中心の企業の最高経営責任者(CEO)は、スケーラビリティが主な問題だと答えたのはわずか7%であった。

レポートの著者であるRichard Johnson氏は、スケーラビリティはブロックチェーン中心の企業と非ブロックチェーン企業の違いだと考えている。これは、楽観的なブロックチェーン企業がこれが問題ではないと考えているためであるだろう。非ブロックチェーン企業はこれが事実であると信じており、多くのテストでより多くのデモ環境が行われていつる。現実世界への接続を開始すると、遅くなり、速度が低下する。

また、レポートによると、DLTベースの取引ソリューションを現在テストしているほとんどの企業は、取引のペースが遅いため、まだ実装されていないことが分かった。それにもかかわらず、回答者の2%は、システムが最大15,000トランザクション/Sを処理できると回答している。

 Johnson氏は、2%は少数であるように見えるが、DLTの潜在的可能性と将来性にとってよい兆しだろうと述べた。

同氏は、「企業はブロックチェーンを高速で稼働させ、1秒あたりに多くのトランザクションを処理する方法を考案している。私はこれが本当に励みになると思う。」と語った。

色々な課題にもかかわらず、ブロックチェーンの普及が続いている。

既存のインフラストラクチャにDLT技術を実装する際には明らかな課題がいくつかあるが、運用効率を向上させ、詐欺や廃棄物を削減するために、ブロックチェーン技術が依然として広く採用されている。

広く使用されているブロックチェーンベースのシステムの最近の例は、IBMの食品信頼製品である。この製品はこの技術を使用して生鮮食品の原料と物流を追跡する。このシステムは、Tyson Foods、Nestle、Unilever、Krogerなどの大企業で使用されている。

ユナイテッドキャピタルの創設者兼CEOであるJoe Duran氏は、CNBCとの最近のインタビューで、ブロックチェイン技術の将来について非常に楽観的であり、ブロックチェーンは「世界のあらゆる取引の一部になる」と語った。 しかし、「さらに10年はかかるだろう」と付け加えた。

    根源: CoinTime 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約