スペインのバレンシア市、ブロックチェーンを使って「スマートポート」を建設

    2018/10/12 16:42 祁銀虹 huang Created with Sketch.
    298

10月3日のスマートポート・サプライチェーン技術会議で発表された声明によると、スペインのバレンシア市は、ブロックチェーン技術に基づいたスマートポートを建設する計画を立てていることが報じされている。

3EZjHtU97pIXi1vVuhad2JRBcD5GM9j0hzcyJZWs.jpeg

これは、システムを改善し、伝統的な方法からアップグレードとシステム化を追求するためのブロックチェーン技術を求める最初の港湾会社ではない。2018年に発表された報告書によると、ブロックチェーン技術はさまざまなポートで実装されているが、潜在的な可能性を認識していないより多くのポートが、遅かれ早かれその仕事と世界各地のブロックチェーンに作業をリンクし始めることが分かった。

バレンシア港の技術ディレクター、Jose Garcia de la Guia氏は、ブロックチェーン技術の利点は、バレンシア港のアップグレードを促進することを指摘した。同氏は、「港内の物流に関する情報をブロックチェーン上で管理することで、紙の使用量を減らせるメリットがあると指摘している。さらにメンテナンスに関する時間も短縮することができるため時間・人的コスト削減に結び付けることができる。」と示した。

また、人為的に目視している部分にはブロックチェーンにより、人による確認と組み合わせることで、ダブルチェックし万全の体制を保つのに効果的だと考えられる。

    根源: CoinTime 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約