シティバンクは仮想通貨に大きな関心を持っている

    2018/10/12 16:05 祁銀虹 huang Created with Sketch.
    558

仮想通貨に基づく市場の声は引き続き高まっており、投資界からの最近の報告によると、シティバンクは仮想通貨に大きな関心を示していることが報じされている。この関心は、ビットコインなどに正式な銀行機関に採用される新しい機会をもたらす可能性がある。同時に、国際金融業界で使用されているリアルタイム相場のスタンドアローンシステムでは、ビットコインなどの仮想通貨に対して日々の取引相場が追加されている。

SWQFvCnsyhVxmTOkNqsteaDyLcwstTCImonuRPYa.jpeg

シティバンクは2015年に、BNP とUBSと同じ、「ビットコインに優しいグローバル8つの金融機関」のリストに掲載された。そして同社の内部には仮想通貨の基盤となるブロックチェーン技術を受け入れ、昨年は貿易とグローバル金融ビジネスの実験ブロックチェーン決済ソリューションを受け入れた。この業界で流行っているレポートは、シティグループのCEOであるMichael Corbat氏の最新の声明「仮想通貨とブロックチェーン技術の見通しについて楽観視」を引用して、シティバンクはビットコインを仮想通貨として使用する世界初の伝統的銀行になると期待されていることを示している。

Michael Corbat氏が先日台湾に訪問したとき、中央銀行に行き、楊金龍総裁と約1時間話し合った。デジタル金融研究に専念している楊金龍氏は、この問題について多くの公聴会を開き、「仮想通貨」の合法化を要求するのは初めての公務員でもある。

シティバンクの広告発言者は、Cheddar.comに、同銀行が仮想通貨の提供について消費者情緒調査を実施し、小売顧客に仮想通貨にアクセスする機会を与えると語った。シティバンクは「仮想通貨製品やパートナーシップを開発する計画」を行っているかどうかについては言及してなかったが、このニュースはすでに仮想通貨相場を促進しており、同じニュースが業界で急速に広がっている。

外資系の仮想通貨関係者は、伝統的な金融業界は3年前に仮想通貨に絶対的に敵意を持っていたが、ビットコインを受け入れているとは言えないが、仮想通貨の基盤となるブロックチェーン技術がますます信じていると述べた。

    根源: CoinTime 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約