北京大学、ブロックチェーン技術でネットワークドメイン名を管理することを推奨、特許も申請

    2018/10/09 15:28 祁銀虹 huang Created with Sketch.
    400

北京大学深セン大学院は米国特許庁に「コンソーシアムチェーン」がどのようにトップレベルドメインの管理効率とセキュリティを向上させることができるかについての技術を申請している。

wpicqGyPUrgUJMqgPmtTm7zQqlHxqJvhyjXjA3zP.jpeg

研究チームは、現在の標準的なネットワークドメインネームシステムは分散型システムに基づいているが、「技術的な問題」があると考えている。

例えば、ルートネームサーバがグローバルでの分布が不均衡である。同特許出願では、アジアのネットワークユーザーが使用するドメイン名解決率は、北米に比べてはるかに遅いアジアのルートドメインネームサーバーに障害が発生すると、2000万人のユーザーがドメイン名の解決要請に影響を受け、それもアジアの メイン名解決率の信頼性は大幅に低下すると指摘した。

例えば、ブラウザーはまず、ネットワーク上のサーバーにURL(DNS => IP)を解決してURLに対応するIPを取得する要求を送信し、対応するIPを受信すると、Webサイトの閲覧先を知る。いわゆるスピードとは、上記の実装プロセスの効率を指し、スピードが遅い場合、基本的なネットワーク機能に影響を与える。

この出願によると、ブロックチェーンの公開性と改ざん不可能の性質により、信頼できる機関または個人がブロックチェーン上の情報にアクセスし、トップレベルのデータベースを格納できる関連するシードファイルのデータベースを構築することができるという。このデータベースは、トップレベルドメインとサブドメインシステム間のマッピングを格納できる。

したがって、各地域は、ネットワークアクセスの速度を確保するために実際のニーズに応じてドメインネームサーバーを設定することができ、他の組織に制限されない。

この大学院で提案されたシステムは、ドメインネームシステムを2つのレイヤーに分割し、各レイヤーはサブドメイン名システムに対応し、サブドメインネームシステムはトップレベルのドメインオーナーによって設計することができる。特許ファイルによれば、サブドメインシステムは、集中型システムまたは分散型システムとして設計することができる。

この研究によれば、システムは既存のネットワークと完全に互換性があり、効率的で簡潔なコンセンサスメカニズムはセキュリティと信頼性を提供し、多層アーキテクチャは効率と移植性を保証する。

この特許出願は、北京大学深セン大学院の先端ネットワーク技術研究所のディレクターである李輝教授のチームからのもので、過去にいくつかの国家主要研究プロジェクトに参加し、多数の分散型ストレージコーディング研究を行っている。李教授の研究は4件の米国特許を獲得し、今回のブロックチェーン技術を含む合計10件が申請している。

    根源: CoinTime 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約