米国の大手仮想通貨取引所Bittrex:ビットコインゴールドを上場廃止へ

    829

仮想通貨取引所Bittrexにて、ビットコインゴールド開発チームが5月に発生した「51%攻撃」の被害補償を行わなかった事を理由に、ビットコインゴールド(BTG)を14日までに上場廃止される事が明らかになった。

米国の大手仮想通貨取引所Bittrex:ビットコインゴールドを上場廃止へ

ビットコインゴールド公式サイトは9月1日、アメリカの大手取引所Bittrexで、仮想通貨の時価総額ランキング29位のビットコインゴールド(BTG)が、14日までに上場廃止になると発表しました。

「Bittrexに請求した12,372BTGの支払いに応じなかった事を理由に、残念ながら同取引所での上場廃止が決定した事を報告します。」

Bittrexの請求額は、今年5月に発生したビットコインゴールドの51%攻撃時の被害額に相当するもので、開発チームのハッキング対策の不備や不注意を理由に行われました。その際、支払いに応じない場合、「上場廃止」されるとの勧告があった模様です。

ビットコインゴールドの開発チームは、7月に行われたハードフォークによるネットワークアップグレードにより、「”二重払い”や”51%攻撃”のリスクは軽減した」と強調しており、開発者チームと取引所の認識の相違が、このような結果を招いたと言えるでしょう。

上場廃止への経緯

ビットコインゴールドは今年5月、「51%攻撃」のハッキングを受け、複数の取引所から計388,000BTGが盗難被害に遭いました。

  • HitBTC

  • Bithumb

  • Bittrex

  • Bitfinex

  • Binance

ハッカーがネットワークの51%以上をコントロールする事に成功した事が原因で、「二重払い」で複数の取引を重ねた結果、5月時点で仮想通貨取引所から約20億円分のビットコインゴールドを不正流出させています。

ビットコインゴールドへの影響

2018年5月は、ビットコインゴールドの他にもバージ(Verge)が51%攻撃を受けており、ハッキングが多発した時期でした。

ビットコインゴールドは昨年末、時価総額ランキングで一時5位まで上り詰め、価格も500ドル近くまで上昇しましたが、5月の51%攻撃前の時点で高値水準から90%以上の下落幅を見せており、直近では21ドル付近で低迷しています。

coinmarketcapによると、Bittrexは過去24時間の取引高で世界23位にランクインしていますが、「Bittrexのビットコインゴールド取引量はBTGの総取引量の内3%しか占めていないため、さほど大きな影響はない」と開発チームは主張しています。

    根源: coinpost 編集者: ちょうえい
声明:コインタイムは登載した文章がもっと情報を伝えたいため、文章の観点や主張がコインタイムには関係なし、ご参考までに。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約