台湾省台北医科大学病院は、ブロックチェーンを医療プラットフォームに応用

    8334

8月31日の情報によれば、台北医科大学病院(TMUH)は、ブロックチェーン技術を利用する医療プラットフォームを発表した。これは、患者の再診サービスを改善し、個人の医療保健ネットワークを統合し、患者が医療記録をより容易に訪問できるようにした。

台湾省台北医科大学病院は、ブロックチェーンを医療プラットフォームに応用

同病院はある声明で、医療保健ブロックチェーンプラットフォームは、ワンストップ式の転院と長期介護サービスとして開発され、政府の階層的な医療システムの支援に使われていると説明した。患者の再診サービスを改善し、個人の医療保健ネットワークを統合し、患者が医療記録をより容易に訪問できるようにする。患者は、独自の診断情報を記録するために、パスワードによって保護されるモバイルアプリを登録することができる。

同プロジェクトは、100以上の診療所に関わっており、これらの診療所が、医療機関と患者側間のデータ転送などの医療保健分野での問題をブロックチェーン技術の部署によって解決する予定だ。同プラットフォームを通じて、患者は、高解像度の医学画像、実験室の結果、臨床及び健康診断情報を含む1セットの全ての医療記録を訪問できる。同時に、病院や診療所は、スマート請求を通し、患者の記録契約を共有できる。

TMUHの院長陳瑞桀氏はインタービューで、ブロックチェーンは、セキュリティバグルのリスクを最大限に低減することができると示し、「ブロックチェーン技術は、電子医療記録を複数の病院・診療所からの電子健康ファイルと結合するだけでなく、追加的な安全性や事前に通知する追加の安全機能も融合した。」とついした。ブロックチェーン技術の分散型の特性により、最大限度で安全バグのリスクを削減でき、人々が煩わしい転院の流れを経験しなくなる。

台北市コミュニティ医療診療所の医者王耀婷氏はインタービューで、同プラットフォームが大きな進歩であり、ブロックチェーンで転院する患者のすべての医療や健康データを獲得でき、医者がより良く患者の健康状況を把握できると示した。

ちなみに、グローバル医療機関も医療データ管理センターで分散型台帳技術を利用している。先月、韓国の生物技術企業Macrogenは同国の技術会社Bigsterと共同で医療ビッグデータエコシステムを開発している。同システムは、安全で個人情報の保存、大量敏感なゲノムと個人情報の転送を可能にする。

今年5月、米生命科学研究市場Scientist.com は、薬品のデータを追跡と保存する新たなブロックチェーンプラットフォームを発表した。その他、Scientist.comは、厳格な米国データ法を遵守するために、生物製薬業務を負担を削減することに取り込んでいる。

4月、ドイツのコンサルティンググループ Camelotは、ブロックチェーンに基づく敏感な医療データ管理解決策を開発し、すべての取引データを暗号化して変更不可のブロックチェーンに保存し、直接に承認参加者の間で行うことにした。

いくつかの研究機関は、ブロックチェーン技術は、医療分野でより広い応用空間を有していると考えている。2017年、IBMのある報告書によると、ブロックチェーン技術は、臨床試験の記録、規制のコンプライアンスと医療/健康記録分野で大きな価値を発揮し、健康管理、医療設備のデータ記録、薬物治療、課金や賠償請求、不良事件の安全性、医療資産の管理及び医療契約の管理などの面でも才能を発揮できる。


    根源: CoinTime 編集者: ちょうえい
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約