Tronはスーパー代表総選挙の模擬投票システムを発表、既に十数社が参加

    4177

Tronは4月18日に、支持者がスーパー代表総選挙の投票方法に慣れるための模擬スーパー代表システムを発表した。テストサイト「https://tronscan.org/#/login」を登録したら、無料で10,000のテスト用のTRXを受けとって候補者に模擬投票する。

Tronはスーパー代表総選挙の模擬投票システムを発表、既に十数社が参加Tronはスーパー代表総選挙の模擬投票システムを発表、既に十数社が参加

3月31日には、Tronのパブリックチェーンのテストネットワークがオンラインした。同时に、Tron公式は「スーパー代表」を募集する计画を発表した。この計画は、トロンネットワークでの「メイン・ノード」に基づいて、ビットコイン中の鉱員のよな参加者たちに巨額の利益を得るために、トロンネットワークの全ての情報記録と計算作業に共同参加させ、インセンティブの方式である。

Tronの创始者、孫宇晨氏はtwitterで、幅広い選挙自治コミュニティを築くために、6月26日に初めて27人のスーパー代表の选挙を行うと発表した。 

「スーパー代表」プロジェクトのブロック生成奨励は非常に魅力で、Tron全体コミュニティ報酬の大部分を占めている。ブロックごとに生成すると、トロンは各ブロックのスーパー代表に、32のTRXを与え、毎年合計1,009,152,000 TRXが27のスーパー代表に授与される。 しかし、2021年1月1日まで生成されたブロック奨励はすべてトロンファンドに負担され、トロンネットワークは追加発行しない。

情報筋によると、READ、Bixin,MDT,Bitcoin Godコミュニティ、LINKVC、AntPool、Node Capitaなど10社はスーパー代表選挙に参加したそうだ。そして、孫宇晨氏本人も参加するようだ。

TRONのスーパー代表選挙は、EOSのスーパーノード選挙を思い出せ、それは両方ともDPoSのコンセンサスメカニズムを利用したからだ。EOS現在の上昇傾向から見れば、TRXの価格もその刺激を受け上昇し、投資家が利益を受けることになるだろう。

    根源: CoinTime 編集者: ちょうえい
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約