韓国関税庁、仮想通貨マイニングマシンなどの輸出入通関審査強化

    2018/04/18 18:15 金雪莱 huang Created with Sketch.
    1617

18日、韓国関税庁は国民の健康と社会安全及び環境を脅威する不法、有害な輸出入物品を遮断するため、輸出入通関審査を強化すると発表した。

韓国関税庁、暗号通貨マイニングマシンなどの輸出入通関審査強化

関税庁は、通関の段階で、物品ごとの安全認証確認書、輸入許可証など法令上必要な要件を確認する「税関長確認物品及び確認方法指定告示」を改正し、品目292個を新規指定し、計7,382に拡大された。

今回「税関長確認物品及び確認方法指定告示」の改正を通じて、フェノール、ブロム、メタノールなどの有毒物質122種を新たに指定して有害輸入化学物質に対する安全管理を大幅に強化しており、最近社会的に関心する暗号通貨マイニングマシン、電動クィクボドゥ、電気自転車などの新しい流行製品も含まれていた。
実に、暗号通貨が情報セキュリティと違法取引問題を伴う以外、マイニングする時の電気消耗も韓国政府とエネルギー企業を圧倒し始めている。

ニュージャージー州の電力会社Elite Fixturesが発表した調査によると、114カ国でビットコインを採掘する平均費用は韓国が最も高く、2万6,170米ドルの費用はベネズエラの最低価格より49倍も高い。

韓国の仮想通貨市場は熱狂的すぎるため、政府からの注目を集めていた。現在、韓国の仮想通貨取引所は、未成年者と匿名者の取引を許可しないポリシーを公布した。

また、韓国政府は財務省から暗号通貨取引に対して課税するように命じ、正式な課税法案は来年から実行する予定だと発表した。

    根源: CoinTime 編集者: きんせつらい
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約