アルメニア政府は暗号通貨採掘の合法化の法律を導入

    81

ビットコインなどの暗号通貨の規制に関する法案は既にアリメリアのエレバン議会に導入されている。アリメリアの議員は新しい法律に賛成すれば、同国は、この分野での積極的な態度を明らかにするために、ユーラシア経済連合(EAEU)の第2の加盟国になる。ベラルーシは既に措置を採用して暗号通貨を合法化して、ICOを抑制し鉱夫の税収を免除する。

アルメニア政府は暗号通貨採掘の合法化の法律を導入

提案された修正案はかなり緩和される。情報筋によると、アルメニアのすべての個人および事業団体は施設の設立と鉱業の実施を許可されるという。特別なライセンスは必要ではない。こ同草案は、2023年12月31日までに鉱夫の税金を免除しており、この励ましの措置は遡及効果があると規定している。 鉱業会社は関税の恩恵など他のメリットも享受できる。

少数派のEdmon Marukyan議員は、「時代に追いつく」との意欲を示した。彼は、反対派と連絡を取っていながらも、暗号通貨分野の積極的な発展のため、彼が提示した「デジタル技術」の法律を成功させる可能性がある。

アルメニアの隣国であるグルジアは南コーカサスの暗号通貨分野の真実の先駆者だ。民間機関であれ国営機関であれ、ブロックチェーン技術は既に数年間継続して実施されている。

南コーカサスの初めてのビットコイン鉱山はジョージア州で成立し、2016年から、同国の土地登録はずっとブロックチェーンに保存している。

アルメニア政府は、暗号化通貨法の適合性にに疑問を抱いている。アルメニア中央銀行は、規制されるまでにビットコインを使用しないよう警告する声明を発表した。この銀行は3年前、「法律では、暗号通貨はデジタル通貨ではない」とし、暗号通貨技術とユーザ関連の保護措置を研究すると約束した。暗号通貨の一般的な「明確な国際規制の欠如」についても言及した。

しかし、アルメニアは、暗号通貨の恐れから脱しているようだ。最近、政府のシンクタンクは、ブロックチェーンに異なるステータスレジスタを配置するという提案を出し、今年1月に新興企業が分散型台帳APPを開発するための自由経済区を確立する計画を発表した。

このような変革の波がユーラシア経済同盟全体を席巻している。暗号通貨の使用をサポートするベラルーシの指導者は、すべてのビットコイン関連活動を合法化する準備をしている。暗号通貨、ICOおよびスマート契約に関する大統領の命令は3月末までに効力を生じる。

ロシアでは財務省は「デジタル金融資産」に関する法案を発表した。中央銀行は、暗号化通貨に対して留保的な態度を示しているが、暗号通貨の融資や採掘の合法化を気にしないということだ。ロシアのDmitry Medvedev首相は最近、他の東アジア諸国と協力する必要性を強調し、暗号通貨を規制する共通のアプローチを求めた。先週、カザフスタンで首脳会議が開催され、キルギスはグローバルな暗号通貨の状況に加盟国として浮上した。

    根源: CoinTime 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約