日本金融庁は暗号通貨取引所の検査を強化

    2018/2/9 17:01 祁銀虹 huang Created with Sketch.
    117

情報筋によると、日本金融庁は国内の暗号通貨取引所に更に多くの審査を計画しているそうだ。

日本金融庁は暗号通貨取引所の検査を強化

大規模なハッキング攻撃を受けたCoincheckへの最近の訪問の数日後、日本金融庁(FSA)は、今週、同国がいくつかの暗号通貨取引所を調べ始めることになる。

事業者が計画を立てた際に、日本金融庁は、投資家を保護して再発を防止するために、暗号通貨取引所がより厳格なセキュリティプログラムを推進する。

この前の報道の通りに、1月26日にCoincheck取引所で約5.31億ドルのNEMが盗まれた。これによりFSAは、プラットフォームの安全性と資金能力を評価しその約束どおりに消費者の補償を確保するために、2月2日に立ち入れ検査を実施した。

金融庁は、同機関はCoincheckが攻撃された前に既に前にその取引所のセキュリティバグに警告を出した。これもCoincheckが同機関の正式なライセンスを受けていない理由も説明した。

また、市場環境で日本の暗号通貨取引業務が急速に成長している一方で、セキュリティ保護の面で多くの取引所が遅れたとの報告がある。

統計によると、合計32の暗号通貨取引所のうち、CoincheckはまだFSAに正式に登録されていない16のプラットフォームの1つだという。 昨年4月に日本の暗号通貨法律が成立するまで、取引所はすでに稼動していたからだ。

    根源: CoinTime 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約