Everipediaは暗号通貨銀行の投資を受け、ブロックチェーンで分散型知識ベースを構築

    70

Everipediaはウィキの「支店」であり、Galaxy DigitalのEOS.ioエコシステム基金を通じて3000万ドルの株式売却を受けたことを木曜日で発表した。彼らは今回の融資は戦略投資者に限られていると述べた。

Everipediaは暗号通貨銀行の投資を受け、ブロックチェーンで分散型知識ベースを構築

この起業会社は3000万ドルの資金を利用して、P2Pネットワークを立ち上げる予定である。この部分は首席情報官、ウィキの聯合創始者Larry Sangerがリーダーとして責任をとる。

昨年EveripediaはEOS.ioブロックチェーンに移行することが発表し、新たな構想された基礎施設はネットワーク上に構築されている。

先日のマスコミの報道によると、この会社はスマートコントラクトの審査システムを開発希望であり、このシステムはユーザーの投稿を記録することができる同時に、暗号通貨をボーナスとして投稿者に贈る。Sangerは、昨年12月、ブロックチェーン技術がを少数派の支配から守ってくれるので、彼がこの起業会社に参加したと言った。

新しい声明で、彼は以下のように述べた:

「偽のニュースまみれの時代には、政府、企業、メディアなど中央実体が信頼的な問題が存在するにかかわらず、世界が分散型、改ざんの技術からメリットを得ることができる。」Galaxy DigitalがNovogratz を先月立ち上げられ、この会社をフルーサービスを提供するデジタル資産バンクとみなされ、暗号通貨をサポートするヘッジファンドを提出する予定があり、しかし去年年末でキャンセルされた。

    根源: CoinTime 編集者: せい けんこん
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約