米国連邦保安局がビットコインがオークションで売却されることが確認、価値はおよそ4,200万ドル

    80

米国連邦保安局(Marshals Service)は、1月のオークションで販売された3,600枚以上のビットコインが、5人の入札者に移転したことを木曜日に確認した。

米国連邦保安局は匿名入札者に500枚、500枚、200枚、813枚ビットコインを順に(400万ドル、400万ドル、160万ドル、および670万ドル)発送することがメールで確認された。

Riot Blockchainを除いて、入札者の名前は明らかにされなかった。彼はオークションの直後で500枚ビットコインを受け取ったことが披露した。

特に、予期の100枚ビットコインを販売されなかったことに、予想できない技術的な問題によるものだと説明した。当局は現在まで、これらの資産を保管している。

この事件を遡り、2016年以来初めて、当局がビッコインを競売にかけた。2,700枚ビットコインを販売することで約2百万ドル利益を得た。

連邦保安局は、最初に1月11日競売を発表した。当時、約3,800枚ビットコイン(5,400万ドルに相当する)をオークションしていたことが明らかになった。

売却翌日、当局は62人の登録済み入札者から111件の入札を受けたことを確認した。登録するには、各入札者は200,000ドルを入金し、登録手続きを完了しなければならない。

ビットコインが1月22日に売却されたとき、およそ4,200万ドルの価値があった。

    根源: CoinTime 編集者: せい けんこん
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約