米大手格付け機関Weiss Ratingsはビットコイン(BTC)はC+に格付け

    87

ウォールストリートは弱肉强食のところだ。 賢明なビジネスマンは、できるだけ大きな役割を果たす傾向がある。そうではない場合、彼らは失敗するか、相手によって排除されるだろう。しかし、デジタル通貨エコシステムは他のどの市場よりもはるかに悪いように見えることがある。最近、市場で第1位のデジタル通貨であるが、独立系の格付会社であるWeiss RatingsはBitcoinに「合格マーク」に格付けた。

米大手格付け機関Weiss Ratingsはビットコイン(BTC)はC+に格付け

Weiss Ratingsの反撃 

最近、米国の独立系格付機関であるWeiss Ratingsが、ビットコイン「C +」を評価した理由を説明する更新レポートを発表した。

同社は、デジタル通貨評価結果を発表した後、多くのデジタル通貨の専門家やソーシャルメディアのオピニオンリーダーから「侮辱」を受けたと考えている。それだけでなく、Weiss Ratingsのウェブサイトも攻撃されたので、彼らは対応しなければならないと感じ、格付けと主要指標の背後にあるデータを詳述する14ページのレポートを発表した。

なぜビットコインに「A」に格付けないか

Weiss Ratingsの創始者であるMartin D. Weiss博士は下記のように説明した。

「投資家にとっては、Aに格付けたデジタル通貨の暗号アルゴリズムはほとんど崩壊することはない。しかし、現在の市場では、いかなる暗号通貨はこの基準を満たすことができない。我々は開発者を非常によく理解しており、開発者は市場の変動を気にしないと伝えてくれたが、デジタル通貨の格付けでは、開発者の仕事の質を厳しく反映し、実际の世界でも一致した成功を反映すべきだ。」

投資家と開発者の問題に対応するために、Weiss Ratingsには、リスクと報酬、株式とETFの格付け、基本的な原則と技術を参照する3つの評価サブモデルが組み込まれている。

1、リスクと報酬:最近、ビットコインへの投資は他のデジタル通貨への投資よりも少なく、極端なボラティリティのリスクも経験している。

2、株式とETFの格付け:普及性とセキュリティが高い場合は、格付けている時にさらにポイントを獲得することができる。しかし、Bitcoinはネットワーク渋滞のために多くのポイントを失い、1秒あたり4回の取引しかサポートせず、各取引には最大10ドルの手数料がかかる。 さらに、トップ5の鉱夫はビットコインの70%を所有しており、これもマイナスの要因になった。

3、技術:ビットコインには必要な管理が不足しているため、アップグレードは遅く、急速に成長するデジタル通貨業界に遅れをとっている。

一部の批評者は、Weiss Ratingsも価格の変動性を重視過ぎたとも考えているが、Martin D. Weiss氏は次のように答えた。

「そうではないが、当社のモデルは市場が非常に激変している事実を正確に反映している。もちろん、当社の格付けも引き続き更新され、ビットコインの価格が安定したり、取引速度がうまくアップグレードされたりすれば、格付けが上昇する可能性がある。」

    根源: CoinTime 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約