タイの大蔵大臣:政府は暗号通貨を禁止しない、1ヶ月以内に暗号通貨規制を導入

    83

タイの金融規制当局は、同国で暗号通貨を禁止しないことで合意した。関連部門は、すでに暗号通貨とICO監察の枠組みを検討し始めており、1ヶ月以内に導入予定である。

タイの大蔵大臣:政府は暗号通貨を禁止しない、1ヶ月以内に暗号通貨規制を導入

タイは暗号通貨を禁止しないが、規制が厳しくなる可能性がある

「バンコクポスト」によると、タイの大蔵大臣Apitak Tantivorawongは木曜日、「Thailand Takeoff 2018」のセミナーに出席した。彼は以下のように述べた:

「政府は暗号通貨の取引を禁止しない」、デジタル通貨規制の枠組みは、1ヶ月以内に導入される。検討の結果、規制当局はデジタル通貨の使用を禁止しないことで合意したが、適切な方法によって管理および制御されなければならない。」

情報によると、タイ証券取引委員会(TSEC)、タイ大蔵省と資金洗浄防止オフェンス(AML)およびタイ中央銀行(BOT)はこの問題について検討をしている。

また、タイの大蔵大臣Apitak Tantivorawongは、タイ証券取引委員会(TSEC)がデジタル通貨を監視する責任がある。なぜなら、証券を監視するのはタイ証券取引委員会(TSEC)でもある。同時に、タイ銀行は、デジタル通貨は法定通貨として認識されていないため、デジタル通貨を監視には適していないとも述べた。

ICO規制

一方、タイ大蔵大臣Apitak Tantivorawongは、デジタル通貨とICO規制の重要性を強調した。

最近、タイ証券取引所上場企業で、最大のローカルの携帯電話事業者Jaymartは3月中に子会社、J・ベンチャーズは、ICOを通じて資金を調達し、2月中に販売を開始する予定と発表した。6.6億タイバーツ(約2080万ドル)の資金を調達予定である。同社はこの資金を使って「分散型デジタル貸出プラットフォーム」を開発する予定である。

大蔵省常設事務秘書Somchai Sujjapongseによると、タイ証券取引委員会は、これに対して調査しており、ICOをめぐる公聴会を開催すると発表した。彼は以下のように述べた:

「ICOに拘束される法律は現在のところはないが、Jaymartは間違ったことはしていない。ただ他人を欺かなくてはいい。」

    根源: CoinTime 編集者: せい けんこん
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約