欧州中央銀行(ECB)の執行役員Yves Mersch:デジタル通貨市場の「ゴールドラッシュ」を警戒

    2018/02/09 13:11 祁銀虹 huang Created with Sketch.
    210

国際決済銀行(BIS)のAgustin CarstensマネージャーはBitcoinをバブルとポンジ・スキーであり、さらに中央銀行を脅かしたのもだとコメントした。欧州中央銀行執行理事のYves Merschはこの言論も支持している。

欧州中央銀行(ECB)の執行役員Yves Mersch:デジタル通貨市場の「ゴールドラッシュ」を警戒

フィナンシャル・タイムズによると、Yves Mersch氏は、規制当局はデジタル通貨について成り行きを見守っているが、昨年末からデジタル通貨価格が急騰し始めたと考えている。

しかし、Yves Mersch氏は、欧州中央銀行は、Agustin Carstensのデジタル通貨問題に対する懸念を理解しているが、現在でデジタル通貨市場は伝統的な経済にあまり影響を与えないとみなしている。なお、中央銀行はもっと「市場投機の社会的、心理的影響に関心を持っている」。

Yves Mersch氏は下記のように示した。

「お金が多すぎて、ゴールドラッシュのように——しかし、あなたはどんなゴールドも手に入らない。」

欧州中央銀行執行理事のYves Merschは、彼はBitcoinをバブルとポンジ・スキーとし、さらに中央銀行を脅かしたと考えている。Mersch氏は、「ゴールドラッシュのようにたくさんの金が流れるが、金はない」と述べた。Mersch氏は、ECBはカーステンスのように暗号資産に懸念していたが、市場規模はより多くの経済に影響を与えないと考えている。かえって、中央銀行は「市場投機の社会的、心理的影響にもっと関心を持っている」。

さらに、Yves Melchos氏は、デジタル通貨のマネーロンダリングやテロ資金調達などの違法行為の問題も指摘した。 同氏は、現行の解決策はデジタル通貨取引所に取引を報告するように強制することで、ECBは必要なデータがある場合にのみ、これらの違法行為をよりよく監視できると述べた。

国際決済銀行(BIS)のAgustin Carstensマネージャーはこの前、デジタル通貨は、金融システムにおいて「寄生虫」になる可能性があり、デジタル通貨規制が銀行や決済サービスと一貫する必要がだと考えている。同時に、彼はさらに、デジタル通貨は中央銀行に対する人々の信頼を損なうべきではないと指摘した。

一方で欧州中央銀行(ECB)の執行役員Yves Mersch氏はこのようなコメントを発表した前日に、欧州証券市場管理局(ESMA)は、デジタル通貨規制は2018年の最優先事項の1つだとレポートで指摘した。この機関が発表した2018年規制アジェンダによれば、今年の上位5つの優先事項の1つは、デジタル通貨とブロックチェーン技術を含む金融革新と開発を監督することだという。

    根源: CoinTime 編集者: キギンコウ
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約