IFOの発行が暗号通貨に関する項目の羅針盤みたいなものになった!

    2017/11/20 16:32 めい huang Created with Sketch.
    2521
前書き IPOやICOに比べて、新たな名詞のIFO(Initial Fork Offering)が出てきた。最近、IFOの項目と呼ばれる—スーパービットコイン(SBTC)が498888に至るまでである。

IPOやICOに比べて、新たな名詞のIFO(Initial Fork Offering)が出てきた。最近、IFOの項目と呼ばれる—スーパービットコイン(SBTC)が498888に至るまでである。

wsKvvIND8EFUUN0QfVJOwWgtTpI0Rq9wnrNOmS9N.jpeg

この項目の開発者は中国のビットコインに関する有力者李笑来が争議ある人物である。彼は今年EOS、ICO.info及びPressOne等ICO项目。その中でPressOneは5.5億ドルに至る金額で、こういうのは最大のサギになる。

    根源: Cointime 編集者: めい
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約