ライバルコインとは?| 百科事典

    279

今年2017年にはビットコインの大発展時代だというまでも過ぎない。ビットコインが市場投資者には大人気なので、市場の中でいろいろな怪しい通貨が出てきた。例えば、ライトコイン、Dogecoin 、Rippleなど。これは、ライバルコインと呼ばれる。また狩仮想通貨には通常に偽物と呼ばれる。

ライバルコインとは?| 百科事典

元はビットコインのプロトコルに基つぎ、修正されて造れたデジタル通貨はビットコインの模倣品だと言われる。つまり偽物である。技術で作り出された通貨は、二代目とか、ライバルコインとも呼ばれる。通常には市場に偽物と言われる。

しかも、市場にはまたbts、nxt、qora、ripple、ethereumというライバルコインがある。ほかのライバルコインはまだ最初の形態であるかもしれない。

専門者がライバルコインの存在は市場秩序を撹乱することができるという判断した。それは、ほとんどライバルコインはビットコインの模倣品なので、価値がないと言われるであった。

しかし、世の中に存在するものはすべて自分存在する理由があると考えて、実はライバルコインがある程度にビットコインの発展を推進された。

ビットコインの大発展は市場に注目を引いた。さらに監督官庁の関心を引き起こしている。市場にビットコインを真似して造れたライバルコインはビットコインより安定性が高いというのは監督官庁が困っている。これを見ると、ライバルコインは価値があると考えた。

ライバルコインはビットコインをまねしていたものである。しかし、あるライバルコインが市場に足場を固めた。例えば、BCC、イーサリアム、Rippleなど。ライバルコインは瞬時に消え失せてしまうものであるが、実はこれらは未来の研究道を切り開くものである。ライバルコインが元はビットコインのプロトコルに基づき、ビットコインの非効率性を改善するために開発されたと称しているシステムである。それで、ある程度にはビットコインの電子マネーシステムはライバルコインとコンパチビリティできると言った。例えば、ライトコインのシステム。

ライバルコインの発展はビットコインを超えるかもしれない。ビットコインは急速に発展するので、このリズムは市場に依頼してコントロールしにくい。ライバルコインがなくても、ビットコインの自身発展には問題がある。

将来にはいろいろなデジタル通貨があるであるが、さまざまな貨幣も市場に供給された。成功生存のライバルコインを投資した投資者にとっては、計り知れない報酬をもらい可能性がある。

    根源: Cointime 編集者: さいえい
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約