ブロックチェーンの相互運用性とは?| 百科事典

    427
前書き ブロックチェーンには、さまざまなチームがさまざまな理念と開発方法によって、開発した製品がさまざまである。そういう状況で、ブロックチェーンの相互運用性という潤滑剤としてはさまざまなシステムが連携できるということで理解したら、それは不思議なものほどではないと考えた。

ブロックチェーンに関するニュースには、相互運用性ということをよく見ていた。それは一体ということでしょうか?

つまり、相互運用できる。相互運用性とはさまざまなシステム、ネットワーク及び運用プログラムが連携できるし、情報が交換できるし、また交換した情報を使用できる能力と定義している。

相互運用性にはさまざまなレベルがある。例えば、文法と語義の相互運用性。

ブロックチェーンの相互運用性とは?| 百科事典

ブロックチェーンの分野には、さまざまなチームがさまざまな理念と開発方法によって、開発した製品がさまざまである。そういう状況で、ブロックチェーンの相互運用性という潤滑剤としてはさまざまなシステムが連携できるということである。

2017年の共闘検討会でブロックチェーン業界の数名有名なリーダーが重要の観点を発表した。自分研究した技術はお互いに影響を与えて、最終で相互運用できるサービスネットワークになっていると言われた。実際に、少ないチームが自分で開発したプラットフォーム上でシステムの通用性を重視し始めて、多くのユーザを引き込めて、さらに広い範囲に運用できるようになる

ブロックチェーンには相互運用性できるということを実装されている過程で、大きな障碍が突発できるようにさまざまなブロックチェーンの特徴を保留して、その作用を別のブロックチェーンに転移することである。

今年八月、ビットフューリーとリップルの協力開発というニュースで、即時グロス決済システム、 外国為替・送金ネットワークとほか七件インターネット・プロトコルがコンパチビリティできるという実現した。そのコードがギットハブに手に入れることができる。現在には、インターネット・プロトコルで実現された相互運用性があるネットワークはライトコインやビットコインの即時グロス決済システム間で連携できる。そこで、支払いの効率が上昇される。暗号通貨のユーザにとっては即時グロス決済システムを通してないでも、決済できる。


    根源: Cointime 編集者: さいえい
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約