ハッシュアルゴリズムとは?| 百科事典

    2017/11/14 19:18 めい huang Created with Sketch.
    386

ハッシュアルゴリズムは暗号学的ハッシュ関数と呼ばれた。-まもなく暗号学的ハッシュ関数によって得たハッシュ値を混雑な計算で計るかもしれない。

ハッシュアルゴリズム(暗号学的ハッシュ関数)によって得た数値のことを要約値やハッシュ値または単にハッシュという。単にハッシュとは一曲の歌がハードディスクのバイトにはどれぐらいかということみたいである。ハッシュ関数は主に検索の高速化やデータ比較処理の高速化、さらには改竄の検出に使われるということをコンピュータに非常に広くしている。例えば、データベース内の項目を探したり、大きなファイル内で重複しているレコードや似ているレコードを検出したり、核酸の並びから類似する配列を探したりといった場合に利用できる。また、暗号をつける場合もできる。メッセージダイジェストは、暗号学的ハッシュ関数の多数ある応用のひとつで、メールなどといった「メッセージ」のビット列から暗号学的ハッシュ関数によって得たハッシュ値を、そのメッセージの内容を裏付けする「ダイジェスト」として利用するものである。このように、データの完全性を流暢に伝われるようにできるし、しかもHMACの構築は情報の認証方式を破れないように確保できている。

ハッシュアルゴリズム(ハッシュ関数)は特にハッシュテーブルで使われ、与えられた検索キー(例えばキーワード)から素早くデータレコード(辞書でのキーワードの定義)を探すのに使われる。

 ハッシュアルゴリズム(ハッシュ関数)は特にハッシュテーブルで使われ、与えられた検索キー(例えばキーワード)から素早くデータレコード(辞書でのキーワードの定義)を探すのに使われる。それは、短いハッシュ値を使り、オリジナルコードと比べて検索するのは早いである。また暗号学的ハッシュ関数にも利用されている。

検索した名称はまず同じなハッシュ値を保管し、最適な数値を探し、このアルゴリズムは文字列の比較にハッシュ関数を使っている。一般にハッシュ関数は複数の異なるキー、例えば4位数字を同じインデックスにマッピングするということは10種可能性がある。不可予測の価値を超えれば、26種に至る可能性がある。

ハッシュ関数はレコードあるいはキーをインデックスに使われる。そして、キーワードに関するデータを毎回検索して使われることができる。したがって、ハッシュ関数が単射な操作である。このような関数を使えば、ハッシュ値から引数を逆算する必要がないである。実は、理想なハッシュ関数はこのように分析して出したわけがない。しかも、よいハッシュ関数は考えられる入力範囲が出力範囲全体になるべく一様に分布するようにマッピングを行うことがわけにはいかない。つまり、出力範囲のそれぞれのハッシュ値はほぼ同じ確率で生成されるべきである。このような条件があるのは、異なる入力が同じハッシュ値にマッピングされてしまう「衝突」が発生するということを受け取る。

端数の割引記法:項目の数量大小を推算することである。そして推算した値がオリジナルコードあるいはキーワードの除数に端数を立ち。それで、その端数はハッシュ値である。(そういう方法は衝突ことが発生するかもしれないので、どんな検索システムも衝突ところを選別して代わりの検索システムを提供することである。)

畳み方法:こういう方法がオリジナル値でいくつか部分を分けて、部品を加えて、そして最後4位数値をハッシュ値あるいはキーワードになる。

基数の変更方法:数値とキーワードを数字になると、基数を変えることになって、違う数値順列になるである。例えば、十進法のキーワードが十六進法のキーワードに取り替えることができる。ハイレベル数値が捨てられて、均順なハッシュ値に通用されることになる。

順位の転位方法:これはオリジナル値あるいはキーワードは単に転位することになる。例えば、位置は3から6までの数字を転位すると、その転位した数字はハッシュ値になる。

暗号学にはいくつハッシュ関数が使われる。この中でMD2,MD4とMD5を込める。これをメールなどといったメッセージのビット例から暗号学的ハッシュ関数によって得たハッシュ値を、そのメッセージの内容を裏付けする「ダイジェスト」として利用するものである。例えばSHA、最大60ビットからメッセージダイジェストがある。MD4によく似ている。しかし、データベースの貯蔵と検索作業がよいという機能が持ったハッシュ関数にとっては暗号をつけることやデータの誤りを検出することが必ずしも適していないこともある

  ハッシュ関数ハッシュテーブルのインデックス、フィンガープリント、重複データの検出、ファイルの一意な識別、データの誤りを検出するチェックサムなどにも利用できるが、お互いに入り混じることもある。こういう概念はある程度に重なっているが、それぞれの機能がある。しかもさまざまな設計や改善法を取った概念である。例えば、アメリカ国家薬局情報センターのデーターベースにはファイルの一意な識別を検出するチェックサムなどにも利用できる、ハッシュ値ではないことです。


    根源: Cointime 編集者: めい
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約