Replay Protection | 百科事典

    2017/11/14 19:05 めい huang Created with Sketch.
    928
前書き リプレイアタックを防御するため、Replay Protectionが出てきた。つまり、ハードフォークした後で、二本チェーンの間に一層防御を加えていることである。例えば、Aチェーンには進行している取引がBチェーンに取引することは無効である。

最近ピットコインに関するSegWit2xの記事では、Replay Protectionということをよく見ている。ちょっとBaiduを使って、Replay Protectionの定義や説明を全然見つかれない。それで一体ということでしょうか?下記のように、Replay Protectionということを説明させてもらう。

3CEvetkZmv4kDPs5vL7jMDdnkSJh8rH8EEZPE5TF.jpeg

(Replay Protection)

ビットコイン、イーサリアムにハードフォークが発生するときに、元は一本ブロックチェーンが二本になったら、元の一個通貨は二つ種類通貨になった。例えば、イーサリアムイーサリアムにハードフォークが発生した後で、ETHとETCという通貨になった。2017年8月にビットコインにもハードフォークが発生した後で、BTC与BCCという通貨になった。

そういうなった、問題がある。ハードフォークが発生した後で、新しいブロックチェーンが出てきたが、新しいブロックチェーンは元々のブロックチェーンに基づきデリバティブであるので、さまざまな要素が絡み合って、まるで樹のように、木の根には新しい樹が出る。しかも、二本木の根は繋がった。

ハードフォークが発生した後で対策がなければ、あるブロックチェーンには取引するときに別ブロックチェーンにも同じ取引は行われるという状況がある。例えば、ETCというブロックチェーンにはAがBに100個をあげると、ETHにもBに100個をあげる取引がある。こういう状況ではリプレイアタックと呼ばれる。

もしただ数字の上で変更しなければ別によろしいであるが、デジタル通貨の裏に現金である。増えた取引金額はある会社やユーザにとって損がある。しかも、繰り返した取引を避けるのは必要である。

リプレイアタックを防止するために、Replay Protectionが出てきた。つまり、ハードフォークした後で、二本チェーンの間に一層防御を加えていることである。例えば、Aチェーンには進行している取引がBチェーンに取引することは無効である。今年8月にビットコインにもハードフォークが発生するときに、BCCにはReplay Protectionが設置され。イーサリアムにもハードフォークが発生した後で、ETHとETCのリプレイアタックが消えた。

ビットコインとSegWit2xのハードフォーク防御戦争はReplay Protectionとする強烈な論争点に展開していることである。BTCにはReplay Protectionを設置されないが、SegWit2xには選別性があるReplay Protectionを配置され始める。しかし、SegWit2xにはこれを取り除いた。だから、Replay Protectionが欠乏する彼らのシステムに人々は心配をかける。


    根源: Cointime 編集者: めい
声明:すべての著作権はコインタイムに属しています。承認なしに複製してはいけません。契約はマックされるメディアが本文を使用する時に、コインタイムのダウンロードお願いします。違反者は、法律に基づき起訴されます。
    ニュースランキング
データなし...
意見
TOP

Copyright © Cointime 版権規約